秋本奈緒美の夫は?前夫との離婚の真相は?実家は?若い頃の画像も!

今回は女優の秋本奈緒美さんについてご紹介します!

旦那は?

秋本奈緒美さんといえば元々はジャズシンガーとして活躍していたものの、現在は女優に転身するという異色な経歴を持っている方です。そんな秋本奈緒美さんの旦那についてまずはご紹介します。

秋本さんは2003年に、『ただいま満室』(テレビ朝日)で共演した俳優・原田篤さんと再婚しました。

この再婚では結婚式を行っていませんが、夫である原田さんとはバラエティー番組への夫婦共演も多いです。

秋本奈緒美さんは再建されており、現在の旦那は俳優さんです。結婚した当時秋本奈緒美さんは40歳、原田篤さんは24歳となんと16歳差の結婚でした。

そんな2人の馴れ初めは、秋本奈緒美さんの一目惚れでした。当時原田篤さんには彼女がいたものの、あまり上手く行っていなかったため秋本奈緒美さんが間に入って一度は修羅場になったようです。ですが彼女の方が折れた結果2人は付き合うようになりました。

そんな2人の間に現在子供はいません。

スポンサードリンク

子供の話はかなりしましたね。産めないかもしれないし、先に私が死んじゃうかもしれない。でも、もし子供ができなかったとしてもそれはそれでいいと。先のことをいま考えてもわからないし、20年先のことを思い悩むぐらいなら、一緒にいないほうがいい。20年経ったら、その時に考えればいいし、その間の20年は一緒にいましょう、ということだったんですよ

子供に関して秋本奈緒美さんはこのようにコメントしていました。お互い年の差婚であるためパートナーシップに関しては深く考えているようですね。

前夫との離婚の真相は?

1度目は1986年に音楽プロデューサーの日向大介さんと結婚。しかし長くは続かず、結婚生活4年目の1990年に離婚してしまいます。

秋本奈緒美さんの前の夫は音楽プロデューサーの方でした。秋本奈緒美さんより年上だったようで、旦那さんのことを頼っていたそうです。

小室哲哉さんや数々のアーティストをプロデュースされ、香港でもベストフォーリンアルバム賞の他、ゴールデンディスク、プラチナディスク大賞を受賞されるなど国内外で活躍されていました。

スポンサードリンク

様々な有名アーティストをプロデュースされているかなり経歴のある方でした。ですが秋本奈緒美さんと離婚した理由に関しては明らかにはなっていません。

 

実家は?

ご実家はなんとジーンズショップをやっている
お店であるといいます。チェーン店ではなくて個人のお店になるでしょう。

秋本奈緒美さんのご実家は長野県で、ジーンズショップをされているようです。地元の人ならどこのお店なのかわかるのかもしれませんね。

 

若い頃は?

秋本さんは、1982年、19歳の時、
ファーストアルバム「ROLLING 80’S」で、
ジャズシンガーとしてデビューされると、1982年6月「ONE NIGHT STAND」        12月「THE 20th ANNIVERSARY」

1983年8月「4 SEASON」

1984年2月「POISON 21」

8月「ACT 13」12月「水彩画」

と立て続けにリリース。

秋本奈緒美さんはデビュー当初はジャズシンガーとしてデビューし、様々な曲をリリースしてきました。そして1983年にはオールナイトフジの司会に抜擢されました。そんな秋本奈緒美さんは歌手としての活動をその後やめ、女優へと転身しました。

女優へ転身したことに関して、バラエティー出身者が女優の勉強をせずに転身したことに後ろめたさがあったと語っていました。その後このように様々な作品に出演してきたのです。

1988年「ころがし涼太 激突!モンスターバス」
「恋はいつもアマンドピンク」
1996年「アタシはジュース」
「ぼくは勉強ができない」
1997年「もうDEBUなんて言わせない」

現在でも女優としての活動を続けており、秋本奈緒美さんにとっては女優の方が結果的に向いているのかもしれませんね。そんな秋本奈緒美さんの今後の活躍に硬いです。

 

スポンサードリンク