塩谷瞬の壮絶な生い立ち。学歴・高校大学は?家族や父は?

今回はの俳優・塩谷瞬(しおや しゅん)さんについてみていきましょう。

塩谷瞬について!

俳優として活躍している塩谷瞬さん。

2004年 映画『パッチギ』主演の松山康介役に「初々しく純粋な風貌から滲み出る雰囲気がピッタリ」と井筒監督に抜擢され、2005年に第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、第27回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し注目を集めます。

2012年にはモデル・冨永愛さんと料理研究家・園山真希絵さんと二股をかけていたことが報じられ、彼の交際遍歴に関するマスコミの報道が話題になりましたね。

そんな塩谷瞬さんの生い立ちや学歴について調べてみました。

壮絶な生い立ち

以前インタビューで自身の生い立ちを語ったことがある塩谷瞬さん。

当時のインタビューで、物心がついた時には母親の名前を知らず、さらに小三まで不登校に近い状態だったことを明かしている塩谷。
小四から新聞配達などのアルバイトをはじめ、中学校からは土木作業の仕事もはじめたと語っており、さらに、過酷な少年時代を強いられた社会や両親を憎んでおり「ものすごく怒りや苦しみを感じていた」とも語っている。

スポンサードリンク

ネット掲示板では「だからといって二股が許されるものではない」「料理研究家と売れない俳優の抱き合わせの売名行為にしかみえない」「母親を知らないからって他人に迷惑をかけてもいいとはならんぞ」と、塩谷の不幸な生い立ちに同情しつつも「二股恋愛は許されない」とする声がほとんどだったが、なかには「ただの二股恋愛なのにさ、隠し子作ってるアナウンサーは許されて、この人はアウトなのはなぜなの?」といった報道の偏りに疑問を呈する意見も見られた。

たしかに塩谷瞬さんの二股交際は、異常なまでに叩かれましたよね。浮気を正当化するわけではないですが、両親から愛情を十分に受けていない反動かもしれませんね。

学歴・高校大学は?

石川県金沢市出身の塩谷瞬さんですが、石川県立内灘高等学校に進学しています。

地元の自転車店のチームに勧められ、地元石川県でBMXの大会に出場。初出場の大会で優勝以後、その自転車店のチームをベースに活動。

こういった経緯から競輪選手を目指し、高校入学と共に自転車部に所属してトラック競技を始めます。

スポンサードリンク

しかし、家庭の事情で高校を中退すると同時に上京競輪選手の夢を断念しました。

15歳の時ゲームセンターで受けたオーディションで7万5000人の中から特別賞に選ばれる。
そのとき出会った大手芸能事務所の人物の助言がきっかけで俳優を目指す。
上京後は、アルバイトをしながら俳優の塩屋俊が主催するアクターズクリニックで芝居を学ぶ。
その後、関西の文化を学ぶため京都へ移る。

18歳の時に再び東京に出て芸能事務所を数十カ所まわり、恵比寿で回った最後の事務所のスターダストプロモーションが不合格であったら芸能の道を諦めることを考えていました。

しかし時間外だったため非常階段からのぼり、たまたま残業していた取締役にプロフィールを渡したところ、その日のうちに電話がかかり、翌日面接を受けスターダストプロモーションに所属しています。

幼いころから苦労していたこともあり、行動力や忍耐力はずば抜けていたようですね。

家族や父は?

母親の顔すら覚えていないという塩谷瞬さんは、小学校時代に不登校になり、極貧の生活を送った経験があります。

そして、現在父親とは絶縁状態のようです。

最後、もう家のものをすべて焼き尽くして、やつは俺を殺しかけて逃げていったので。
警察が来て、もうそこからは会ってないですよ。まあ、僕も引越しをしたので……。
まあ、僕は働いてたから、不良親父は最悪だし憎んでたけど、やはりいないと寂しいし、何度か許してあげたんですよ。
一緒に住もうぜみたいなことで。僕も一人じゃ家を借りれないし。
そういうときに、何回か連続して僕のお金を全部持っていったんですよね。

家賃と水道代、電気代、ガス代と、あと、学費がたまってたのが10万ぐらいあって、それがなくなったときに、ああ、もうこいつぶっ殺すと思って。で、親父が寝てるとこに電子レンジを思いきりバーンと投げたんですよ。

でも、あの時代の人ってものすごく強くて、親父は剣道も県大会で優勝していて、体もでかいんですよ。180何センチで。
だから、そういう人に電子レンジを一個投げたぐらいじゃ死ななくて(笑)。
すぐいろんなものを投げ返されて、向こうのほうが腕力が強いわけじゃないですか。僕はやせてるし。
で、「あっ、死ぬ」と思って、パッと外へ出て、金属バットを持って最終決戦みたいな感じになったんです。
僕、金属バットで絶対勝てると思ったんですけど、向こうが竹刀を持ってきて。

実の父親と死闘を繰り広げた少年時代。最後に会ったのは15歳のときだったといいます。

この辺で塩谷瞬さんの紹介は終わりです。

スポンサードリンク