北翔海莉の年齢や本名は?父は?妃海風との仲は?私服が凄い!

2016年11月20日、宝塚歌劇団星組のトップスターである北翔海莉さんが、歌劇団を退団しました。

様々な伝説をたくさん残したことで知られている北翔海莉さん。

今回は北翔海莉さんについてまとめてみました。

北翔海莉の年齢や本名は?

宝塚歌劇団星組元トップスターの北翔海莉さんは、その実力や人柄などからとても人気のあるスターさんです。

愛称は「みっちゃん」だそうで、おそらく本名からきているかと思われます。

北翔海莉さんの本名は「吉野美智子さん」です。

宝塚での愛称は本名からくる生徒さんも多いですが、北翔海莉さんも例にもれず本名に由来して「みちこさん」や「みっちゃん」です。

また、1981年3月19日生まれということで2018年12月現在の年齢は37歳のようですね。

スポンサードリンク

人柄はとても情に厚く、思いやりがあることから多数の下級生に慕われています。

私服がすごい?

どうやら北翔海莉さんの私服のセンスがファンの間で少し有名だそうで調べてみました。

一番印象に残っているのが、きみどり色の地にピンクかオレンジ色の
大きな格子柄が入ったチェックスーツです。

確か、トークイベントショーがどこかのデパートで開催された時に、慌ててそのデパートで購入したとか・・・。とにかくすごいインパクトでした!

北翔海莉さんは私服でスカートをもっていないらしく、

イケメンというより可愛いボーイ系なカジュアルの服装を好んで着ているそう

Tシャツにシャツブラウスを羽織るスタイルはハンサム男役ファッションの定番の一つですが、北翔海莉さんによくお似合いですね。

父が自衛官?

北翔海莉さんの父は海上自衛隊員の哨戒機のパイロットだったそうです。
お兄さんも自衛官だそうで、北翔海莉さんも「自衛隊に入って女性パイロットになりたかった」とインタビューで答えていたそうです。

兄も自衛官になり、私も続くつもりでした。宝塚音楽学校は
背が高かったことから中学校の先生の勧めで受けました。

倍率40倍という厳しい試験に手応えはなく、合格発表の日は
高校の入学式に出ていました。

当初は、「受かるはずない」と受験に反対だった北翔海莉さんのお父さん。
高校の入学式に出た娘の代わりに、出張のついでに合格発表を見に行き、落ちて泣き崩れる親子を見て

スポンサードリンク

「入りたくても入れない人がいる。やり遂げる責任がある」

と、15歳だった北翔海莉さんを送り出してくれたそう。

北翔海莉さんが軍人役の時は「敬礼がなっとらん」と所作や言葉遣いにはうるさかったそうです。

ちなみに、北翔海莉さんが軍服を着てリーゼントにしたら父にそっくりになったとか。

 トップになる前に辞めようと思った時は「自分がやり残したことはないか」「支えてくれる人に納得するものを与えられたか」と問われたそう。

退団公演終了後には、「穴を開けず舞台に立てたことに感謝しなさい」とねぎらって下さったそう。

宝塚は厳しい世界ですし、つらいこともたくさんあったのではと思うのですが

甘やかすのではなく、温かく厳しく見守ってくださるご家族がいるからこそ、歯を食いしばって頑張ってこられたのかもしれませんね。

妃海風との仲は?

星組19代目トップコンビといわれている北翔海莉さんと妃海風さん。

北翔海莉さんが妃海風さんより11学年上とかなりが差があったのですが、

もともと圧倒的実力で注目されていた妃海さんでしたが、北翔さんに追いつこう、並んでも恥ずかしくないようにと相当な努力をされてきたのでしょう。

どんなときも北翔さんのことをキラキラとした大きな瞳で見つめ、隣にいるだけで嬉しそうな表情。そんな北翔さんにも並ぶ努力家な妃海さんだからこそ、北翔さんのファンの方からも好かれ温かく見守られていました。

北翔海莉さんと妃海風さんはとても仲が良く、

お休みの日には観劇デートしたり、お互いにご飯を作りあったりとしているそう。

また、2人で水族館でおそろいのちんあなごのぬいぐるみを買うなどまだまだたくさんの仲良しエピソードがあるそうです。

北翔海莉さんが退団発表会見を行った次の日に妃海風さんが退団を発表。

トップ就任当初から大劇場公演3作、1年半での退団を決めていたという北翔さんは『LOVE & DREAM』の千秋楽後、妃海さんに退団の意を伝えました。

それを聞いた妃海さんはすぐに『ご一緒させてください』と伝えたそうです。

2人の最後の挨拶では、北翔海莉さんは

『トップスター・北翔海莉』として、「21年間の出会いは必然」「ファンの皆様の存在が私の心の支えだった」と全身全霊で感謝の気持ちを伝える北翔さんらしい挨拶でした。

妃海さんは胸がいっぱいになるくらい幸せで伝えきれない。本当に幸せ者です。と口にした後、『みちこさーん!』とおもむろに北翔さんを呼びます。

「世界で一番素敵な恋を経験させていただきました。本当に幸せでした。これからも好きでいていいですか!」

と最後の最後まで北翔さんへの全力の愛を叫び、舞台を見渡し、星組生全員にも「好きです、好きです」と愛を伝える妃海さんに星組生たちは泣き笑い。

北翔海莉さんと妃海風さんのエピソードは「ラブラブ」というよりかは、「お互いがお互いを求めている」感がいっぱいでした。

「一緒に星組公演を観に行こう」とお話されていたそうなので、退団後も連絡を取り合っているみたいですね。

宝塚を卒業し新たなステージへと踏み出した北翔海莉さん。

今後の活動に注目ですね!

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク