嶋大輔の今現在は?結婚してる?かつらなの?引退理由や政党は?

今回はの俳優・嶋大輔(しま だいすけ)さんについてみていきましょう。

嶋大輔について!

1982年のヒット曲「男の勲章」で知られる歌手で俳優の嶋大輔さん。

自身が出演した石立鉄男さん主演のドラマ『天まであがれ!』の主題歌となったシングル、「男の勲章」が大ヒットとなり、一躍有名となりました。

10代を中心に人気を獲得し、1988年には「スーパー戦隊シリーズ」第12作『超獣戦隊ライブマン』に天宮勇介/レッドファルコン役で主演を務めます。

俳優としてテレビドラマ・映画などに出演する他、タレントとしてバラエティ番組でも活躍していた嶋大輔さんですが、気になる現在について調べてみました。

今現在は?

芸能界引退会見後の2015年5月1日、福岡県でプロデュースしたカレー店「男の創作カレー鍋ダイニングesora(エソラ)」が開店しています。

その後、フジテレビ系情報番組『直撃LIVE グッディ!』」に生出演し、芸能界復帰を報告しました。

スポンサードリンク

ここ数年はまさに激動の年月となりましたが「人生で一番しんどい時間」と振り返ります。
今年8月からは新しい事務所で再スタート。TBS系「名医のTHE太鼓判!」(10月9日スタート、後7時)の出演も決まり、新たな一歩を踏み出していますが「人生にムダなことはないと思って生きています」と言葉を噛みしめました。

春から準備をして8月に新しい事務所を立ち上げ、今に至ります。いいも悪いも、まだ、嶋大輔という名前が世にあるうちになんとかもう一回頑張りたい。そう思っての再スタートでした。

嶋大輔さんは他にも馬主だったり焼肉店の経営だったり、いろいろと手広く活動されているようです。

結婚してる?

1994年に結婚した嶋大輔さん。奥さんである浅井ゆえさんとの間には、2人の娘さんをさずかっています。

2000年に長女の圭叶(けいか)さん、2007年に次女の彩叶(あやか)さんが誕生しており、4人家族です。

芸能界引退後は家族を養わないといけないので半年ほど、太陽光の会社で営業マンとして働いていました。

その時支えてくれたのが嶋大輔さんの家族で、長女の圭叶さんは「パパ頑張って!」と励ましてくれたのだとか。

感動的なエピソードですね。

かつらなの?

嶋大輔さんは以前からその髪型の違和感から、かつら疑惑が浮上していました。

たしかに不自然にもりあっがっているような髪型をしているときもありましたが、かつらであるという証拠はないようです。

10月9日放送の「名医のTHE太鼓判!」に出演するため、事前に受けた人間ドックで、「糖尿病」を発症していることが判明。
しかも、現在の状態のままなら「余命4年」と宣告されてしまったようだ。
そのため、これまで嫁が健康的なメニューで生活を支えていたのを新たな方法を使って改善することに。
放送内では、余命を告げられた嶋の生活改善後の生活に密着するという。

スポンサードリンク

嶋大輔さんは約2年間の芸能活動休止を経て、2015年7月に芸能界に復帰していますが、休養中に「うつ病」を発症していたことを告白しています。

さらに休養中はストレスが溜まってしまい、そのことが原因で過食に陥り、94キロだった体重は、110キロまで増加しました。

また、選挙に出るための資金2000万円を借金していたので、返済のために自宅を売却。
嫁と子供2人と2DKの賃貸マンションに引っ越し、車や競走馬、高級時計も売り払ったという。
貯金を切り崩しながらの生活を8カ月続けたあと、知人に誘われてソーラーパネルの会社に就職。初めてサラリーマンとして営業を担当することになった。

そして芸能界への復帰を親友の中野英雄さんに相談するなどして、2015年7月に復帰を果たします。

「芸能界しかないと思った」という嶋は復帰後、出馬の公認を得られなかったことについて、「人を信じられないみたいな。変な話公認をもらえると思って。そういうのもあって4か月ぐらい引きこもりみたいになっちゃって」と明かしていた。
昔の嶋大輔はスリムな体型だったのだが、年齢とともに体重が増加。引退前には94キロまで増えていたという。

このままだと命の危険もあるということですので、生活習慣の改善に努めているようです。

引退理由や政党は?

2013年4月、芸能界を引退した嶋大輔さん。同月25日の記者会見で政界転身を表明し、夏の参院選に出馬の意向を示しました。

都内で「芸能界引退会見」を行い、政治家への転身を正式に表明した。
夏の参院選に自民党比例代表からの立候補を模索していることが一斉に報じられたが、参院選への対応や所属政党については「白紙の状態」とした。

政治家を志すきっかけは一昨年の東日本大震災だといい、「2児の父親として、勉強したくてもできない子供たちを見て、居ても立ってもいられなくなった」と説明。芸能活動をしながらの政治活動も可能だが、「自分は凄く不器用。32年間やってきたことを断って、次の目標に踏み出すということに決めた」と強調した。

7月の参院選で自民党比例代表から出馬することも取りざたされていましたが、出馬、所属政党とも「全くの白紙」だといいます。

しかし様々な事情から、最終的に政治家への転身は断念したようです。

政治の世界に進むために芸能界引退会見をして、10日ほど経った頃、ある人から電話がありまして。待ち合わせ場所の議員会館に行ったら「今回はご縁がなかったということで」と。その前から、引退会見をやった後に「ちょっと雲行きがおかしい」という話は聞いていたんですけど、でも、引退しちゃってますし。まさかと思っていたら、本当に、そのまさかがやってきた。言われて、そこから家までどう帰ったか、本当に覚えてないんです。嫁にどう言おうか。子どもをどうやって育てていったらいいのか。そればっかり考えて。

まさかの騙されたということだったのでしょうか?家族の反対を押し切ってまでの政治家転身だったので、ショックだったでしょう。

この辺で嶋大輔さんの紹介は終わりです。

スポンサードリンク