和央ようかの性格は?実家は?宝塚時代の活躍は?事務所は?

今回は元宝塚歌劇団の和央ようかさんについてご紹介します!

性格は?

和央ようかさんは宝塚歌劇団の宙組トップスターとして華々しい活動を行ってきました。そんな和央ようかさんの性格が宝塚時代に話題になっているようです。

「性格」についても話題になっているようです。性格が悪いとあんまり良くない噂があります。

宝塚を退団するときには通常、記者会見を行うそうですが和央ようかさんは、記者会見を行わなかったそうです。

また、出演予定だった舞台を主催者に相談すること無しに降板してしまったこともあるんだそうです。

和央ようかさんに関してはこのような噂があり、性格が悪いのではと話題になってしまったのです。ペアで長い間活動していた娘役の方との仲はとても良く、本当に付き合っているようだと噂になるほど人気も高かったのですが、宝塚歌劇団を引退する引き際が悪く性格が悪いという声があがってしまったのかもしれません。

長くトップスターを務めたとは思えないほど引き際が悪く、通常は必ず開かれる退団発表後の記者会見も行われないという異様さでした。

退団後は、日生劇場「スーパーモンキー」の舞台を、自分のファンクラブ会員だけにメールで通知し、主催者抜きで勝手に降板した挙句、公演そのものが中止になってしまうという大騒動を起こしてしまいました。

和央ようかさんは具体的なこのようなことを起こしてしまったそうです。たしかに長くトップスターを務めてきた割に、退団会見をしないのは珍しいことですよね。そしてちなみに現在は舞台の降板とかも役活躍されているそうですよ。

スポンサードリンク

 

実家は?

宝塚歌劇団に所属しているタレントの実家というとかなりのお金持ちというイメージが付いています。和央ようかさんはどうなのでしょうか?

東京都世田谷区生まれでありますがすぐに大阪府に引っ越しているために出身地は大阪というようになっています。実家は大阪府になり
金持ちであるといううわさがあります。

実家は大阪府にあるようです。そもそも生まれが世田谷区という時点でお金持ちそうな気がしますよね。

通っていた帝塚山学院高等学校はお金持ちの子供がいるといわれていて小学校1年生のときからクラシックバレエやピアノ等の多くの習い事をしているところからみると裕福な家庭であるというのはかなりうなずけるところではあります。

和央ようかさんが通っていた高校は帝塚山学院という大阪ではお金持ちの方が通うと言われたいる学校で、実家はかなり裕福だったのでしょう。

スポンサードリンク

宝塚時代は?

宙組トップスターとして活躍されていた和央ようかさんの宝塚時代に注目してみましょう。

・1988年、宝塚音楽学校を卒業し、74期生として宝塚歌劇団入団。
入団時の成績は7番。『キス・ミー・ケイト』で初舞台をこなす!

・1998年、宙組の創設メンバーに選ばれ、宙組に異動。雪組時代から引き続き2番手スターで活躍。

・2005年10月に退団を発表します

1988年から2005年まで長く宝塚歌劇団に在籍されていました。そして宙組に移動してからも7〜8年ほど活躍しています。

和央ようかは、宝塚歌劇団の元宙組、男役のトップスター。同じく宙組の娘役トップスターだった花總まりとは、2000年から、和央ようかが退団する2006年まで、「タカハナ」と呼ばれる黄金コンビでした。息の合った演技よろしく、プライベートでも仲が良かった2人。

そしてファンの間でも人気の高かったコンビのタカハナは、プライベートでも仲が良く名物コンビとして人気を集めていたのです。宝塚歌劇団ではペアとして舞台を行なっていきますが、プライベートでも仲がかなり良いことは結構珍しいですよね。

事務所は?

和央ようかさんは退団後はどのような事務所に所属されているのでしょうか?

宝塚退団後、和央ようは、個人事務所・Wao Enterpriseを立ち上げて女優活動を開始しましたが、花總まりを事務所の取締役として迎え、マネージャーを務めさせているとの噂も一時期ありました。

和央ようかさんは個人事務所を立ち上げて女優活動をされています。タカハナコンビとして仲の良かった花總まりさんも初めのうちは同じ事務所で仕事をされていたことには驚きですよね。ですが2010年に花總まりさん自身も女優活動を再開させると決めてからは、この事務所を離れて事務所を移籍されました。

現在和央ようかさんは舞台を中心に活躍されており、プライベートではご結婚もされているのです。今後の和央ようかさんの活躍にも期待ですね。

⇒他のタカラジェンヌの記事もチェック!

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク