秋川リサの現在は?旦那や子供(息子)は?愛犬は?昔の画像は?

今回は女優の秋川リサさんについてみていきましょう。

秋川リサについて!

秋川リサさんといえば15歳で企業の「テイジン」のモデルでデビューし、16歳ではファッション雑誌の「服装」で専属モデルとなって活躍していました。

当時はハーフタレントや外国人がまだ珍しく、突如彗星のごとくあらわれた秋川リサさんはかなり注目されていたようです。

1970年に雑誌「anan」で活躍したことから一気にその名が広まり、サントリーやマツダ、JRのCMにも起用されています。

そんな秋川リサさんの現在と家族について調べてみました。

現在は介護疲れ?

女優として活躍していた秋川リサさんですが、最近まで7年間に及ぶ母の介護と向き合ってきたことを語っています。

母の認知症が発覚し、問題行動や徘徊に悩まされたこともあったが、今年6月、その介護生活は終わりを迎えた。母と向き合った日々を秋川さんが振り返る。「もうちょっと早く逝ってくれてもよかった、それぐらいの気持ちです。介護ってきれいごとじゃないですから。

スポンサードリンク

東京都内で一緒に暮らす母が認知症と老人性鬱病のため、「要介護1」と認定されたのは2010年1月のことでした。

未婚だった母が「娘なんて産まなければよかった」「面倒みてるからって偉そうに」など、30年に及ぶ秋川に対する悪口雑言が大学ノート7冊にあふれていた。
しかも、母は病気の影響か、秋川の預けた数千万円の預金を通販などで使い果たしていた。徘徊の頻度も増え、最長17時間に及ぶことも。このため区役所やあらゆる知人を頼り、2年前にようやく埼玉県にある半官半民の特別養護老人ホームに入居させることができた。それまで毎月20万円前後の介護費用がかかったが、今は3、4万円でまかなえるという。

そして2016年6月25日のブログで、母親が亡くなったことを報告しています。

まだ心の整理中ということで短い文章での報告でしたが、時間が経つにつれ落ち着いたら、また表舞台に戻ってくるかもしれませんね。

旦那や子供(息子)は?

モデルや芸能活動では順風満帆だったようですが、プライベートでは色々苦労されてきた秋川リサさん。

21歳で写真家の立木三朗結婚しましたが5年後に離婚。
その後32歳で一般人で子連れの会社役員の男性と2度目の結婚をしています。
再婚相手の会社役員の方との間に出産をされていました。1986年に長男誕生、1987年に長女が誕生しています。

しかしこの2回目の結婚も長くは続かず、40歳の時に離婚しています。離婚理由については公表していません。

まだ2人のお子さんが幼くて大変だったと思いますし、秋川リサさんには兄弟がいないので頼れる人もいなかったでしょう。

秋川リサさんの母親同様、シングルマザーで子育てを頑張ってきたんですね。

息子は聖也さんというお名前だそうですが、芸能活動はしていないようです。娘は麻里也(まりや)さんで、2001年から女優やタレント活動しています。
秋川リサさんと麻里也さんは一卵性母娘と言われるくらい仲良しで、麻里也さんのデートについていってしまったり、彼氏のことを調べて回ったり、ちょっと過干渉ではないかな?と思うくらいべったりだそうです。

スポンサードリンク

旦那さんとは別々の人生を歩むことになったものの、親子関係は良好のようでよかったですね!

愛犬は?

秋川リサさんは以前愛犬の死によって大変なショックを受け、自宅に“ひきこもり”状態になったことがありました。

「チェリーという犬で、17歳まで生きました。家族だけでなく近所の人や友人にも可愛がられ、亡くなった日は家に20数人も集まったんです。でもその後、自分の心にぽっかり穴が開いてしまい……。チェリーは早死にではなかったけれど、晩年は病気で寝たきりで、もう少し早く気づけてあげればよかったとか、もう少し何かしてあげられたのではとか、考えてしまって」

元気を失っていく秋川リサさんの様子をみて、周りの友人たちは“やはり犬のパートナーがいた方がいいのでは”と心配し、背中を押したそうです。

「独立した娘が『何かあれば、私やお兄ちゃんが犬の面倒をみる。ママ、最後のチャンスよ!』と言ってくれたんです。うちにいた犬は代々雑種だし、次も行き場のない犬を引き取りたいと思いました。でも自分で保健所にいって大勢の中から1匹だけ選ぶということがどうしてもできなくて……。そんな中で、1匹の子犬と巡り合ったんです」

それは、秋川リサさんの友人がネットで見つけた犬で、保護されている“野犬の生んだ子犬”でした。

それからモモと名付けられた犬と一緒に生活する秋川リサさん。以前のように外出できるようになったといいます。

「モモはある意味マイペースなのね。過去の犬と比較することが心配だったけど、今は個性の違いが面白くもある。どちらも人に捨てられた犬だけど、その命は尊く、愛しいわ」

ペットロスに陥る愛犬家は少なくないですもんね。元気を取り戻して良かったです。

昔の画像は?

父親がドイツ系アメリカ人(アメリカ軍の軍人)で母親が日本人のハーフとして産まれた秋川リサさん。

母親は未婚の母で出産されていたようで、小さい頃から父親はいなく、母と2人で過ごしてきたそうです。文化学院高等部英語科を卒業し、ハーフモデルとして活躍するようになりました。

幼少期はハーフに対する差別が日本にまだあったため「混血」「合いの子」などと称され、いじめを受けていたようです。

とっても整った顔立ちの美人さんですが、時代的にまだ受け入れられなかったのでしょうね。

祖母が「日本人は単一民族だという誇りがあるから、血が混ざった子どもが生まれれば差別や区別されるのは当たり前。まして、親は正式に結婚してないのだから嫌われてもしかたないわね」と言い聞かせたおかげで自分の置かれた立場に納得してくじけずにいられた。
モデルという仕事にたどり着いたのも「人と違う風貌を武器にして、人と違う個性を生かしなさい」「自立した女性になりなさい」という祖母のアドバイスによる。

この言葉をうけてモデルとして活躍できるようになった秋川リサさん。今後の活躍も楽しみですね。

この辺で秋川リサさんの紹介は終わりです。

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク