あおい輝彦は元祖ジャニーズメンバー!若い頃は?現在はどうしてる?

今回はあおい輝彦さんについてご紹介したいと思います!

あおい輝彦さんと言えば、

1962年にジャニーズ事務所の

社長・ジャニー喜多川によって結成された

男性アイドルグループ「ジャニーズ」のメンバーになります。

あおい輝彦さん出演作で有名なのは

「水戸黄門」の3代目助さんですね。

12年間もの長い間演じていたので

多くの方が知っているのではないでしょうか。

そんなあおい輝彦さんの今現在や、

スポンサードリンク

若い頃についても

詳しく調べてみました!

あおい輝彦のプロフィール

本名:青井輝彦
生年月日:1948年1月10日(70歳)
身長:170cm
血液型:A型
職業:俳優、歌手、声優
学歴:日本大学芸術学部卒
出身地:東京都杉並区

本名は青井輝彦というんですね。

芸名は表記を変えただけだったんですね!

生年月日は1948年1月10日生まれの、

そして御年70歳になられるんですね!

70歳とは思えない若々しさを保っていますよね。

 

元祖ジャニーズメンバー

あおい輝彦さんといえば、

初代伝説のジャニーズメンバーですね。

あおい輝彦、飯野おさみ、真家ひろみ、中谷良

この四人が伝説の初代ジャニーズメンバーです。

少年野球チームのジャニーズから結成されました、

ジャニーズ事務所の起源ともいえるアイドルグループです。

ジャニーズは、その創始者であるジャニー喜多川さんが持っていた

代々木の少年野球チームがその原型で、

結成したきっかけは、ジャニーさんが

映画「ウエストサイドストーリー」を

見て感動したからだったそうです。

ジャニーズの初代メンバーは全員が

代々木中学校に通っていて、

当時は米軍の持ち物だった代々木公園で少年野球をしていたそうです。

ジャニーズにあまり詳しくない身としては、

ジャニーズはもともと少年野球チームが

原型だったというのが衝撃の事実です。(笑)

そんな中、あおい輝彦さんが

スポンサードリンク

「ジャニーさんが監督なんだから、ジャニーズでよいのでは?」

と提案したらしいのですが、

あおい輝彦さん自身もそのことを忘れていて、

のちにジャニーさんに言われて知ったそうです。

「ジャニーズ」と命名したのは

ジャニーさんじゃなくて、

あおい輝彦さんだったんですね。

若い頃は?

幼児期から雑誌やモデルでも活躍し、

初代ジャニーズとしても活躍していました。

幼児期から芸能界で活動されていたんですね。

こうして、「ジャニーズ」は、
1962年8月、NHK「夢であいましょう」で、
歌手(当時)の田辺靖雄さんのバックを務め、
芸能界デビューすると、

1964年12月には、ファーストシングル、
「若い涙 c/w ぼくの手袋破れてる」でレコードデビュー。

と、引き続きシングルをリリースし、

1965年に「第16回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たし、
音楽劇「三文オペラ」の劇中歌「マック・ザ・ナイフ」の、
パフォーマンスを披露。

その後も引き続きシングルをリリースし、

「ジャニーズ」は、当時まだ珍しかった、

「歌って踊れるアイドル」として人気を博したのですね。

現在はどうしてる?

2017年現在、69歳になるあおい輝彦さんですが、まだまだご健在です。

先日、2017年6月に放送された徹子の部屋にご出演され、

名曲あなただけををギターの弾き語りで披露されました。

この放送を見た方々の反応も

「69歳とは思えない!」

「歌もダンスもキレがあって若々しい」と大絶賛でした。

また、2017年9月7日から日生劇場で始まったジャニーズ事務所伝統の舞台である

「少年たち~Born TOMORROW~」にも声で出演されており、

まだまだ現役でご活躍されています。

もう69歳というのに驚きですが、

まだまだ精力的に活動されているのですね!

ですが無理をせず、これからも活動を続けてほしいですね^^

以上、あおい輝彦さんの紹介でした!

スポンサードリンク