朝海ひかるは結婚してる?身長や実家は?退団後は?宝塚時代は?

今回は元宝塚歌劇団雪組トップスターの朝海ひかる(こづき わたる)さんについてみていきましょう。

朝海ひかるは結婚してる?

朝海ひかるさんは高校の音楽の先生にすすめられて宝塚音楽学校を受験し、「ベルサイユのばら~オスカル編」(月組)で初舞台となります。

翌年、花組に配属されてからはきゃしゃで中性的な容ぼうと軽やかなダンスが魅力で、ショーでは美しい娘役もつとめるほどになります。

2010年1月に宙組の創設にともない異動しますが、同年12月には雪組へ再び異動。このころから人気が急上昇し、2014年に退団した絵麻緒ゆうさんの後を受け、雪組トップに就任します。

その後、惜しまれつつも2006年に退団した朝海ひかるさん。その後は女優として活躍していますが、私生活では結婚しているのでしょうか?

平山浩行?

調べていくと、現在も独身だということがわかった朝海ひかるさん。しかし、なぜか俳優の平山浩行さんと結婚しているという噂が浮上しました。

2人は共演の経験もなく、まったく関連性がないので、なぜ噂になったかは周囲も含め分からない状態です。

スポンサードリンク

しいていうなら朝海ひかるさんが平山素子さんというダンサーの先生と交友があり、同じ平山で検索ワードに浮上してしまったのかもしれません。

そんな中平山浩行さんは、2017年に一般女性とすでに結婚して子供をさずかっていることを発表しました。

これまでコードブルーやブラックリベンジ、昼顔など多数のテレビドラマや映画、CMに出演された、渋いイケメン俳優、平山浩行さんが昨年一般女性と結婚していたことをマスコミに公表しました。
マスコミへの公表については相手が一般女性のため詳細は控えるとの打出しでした。ですのでもちろん画像などもありませんでした。

結局朝海ひかるさんとは何も関係がなかったということですね。

身長や実家は?

朝海ひかるさんは身長167cmと、男役としては身長が低い方でした。

ダンサーとして評価されてキュートなのですが、男役としては致命的に身長が低く、そういう意味では容姿に恵まれてないと言えます。

しかし、入団当初より透明感ある爽やかな個性とダンスの実力が注目され、2002年には雪組男役トップスターに輝きました。

出身は宮城県仙台市で、宮城県第三女子高等学校卒業後に宝塚の世界へ入ります。

在団中は、仙台市の菓子メーカー「菓匠 三全」の製造している「萩の月」のイメージキャラクターをつとめていた。また、「みやぎ夢大使」も務めている。
2011年、東日本大震災で出身地の宮城県が被災したことを受けて、朝海ひかる〈ふるさと義援金〉を設立した。

スポンサードリンク

1972年1月24日産まれの朝海ひかるさんは今年で46歳。年齢を感じさせない美貌で、ますます活躍してほしいですね。

退団後は?

宝塚歌劇団雪組のトップスター、朝海ひかるさんが退団を発表したのは2006年のことでした。

大阪のホテル阪急インターナショナル「花風の間」で記者会見し、「堕天使の涙」「タランテラ!」の東京宝塚劇場公演千秋楽となる12月24日に退団することを明らかにした。
宝塚歌劇団の小林公一理事長が「独特のかもし出す魅力で、朝海ひかるという男役を確立し、大いなる貢献をしてくれた。

最後まで華やかに立派に舞台をつとめられるようにして送り出したい」と口火を切って会見は始まった。

続いて朝海が「このたび退団させていただくことになりました。最後まで精いっぱいがんばりたいと思いますので、よろしくお願いします」とあいさつした。

その後は女優として梅田芸術劇場に所属し、2010年に「ローマの休日」でヒロインを務めます。その後数々の作品に出演し、2016年には「るろうに剣心」を観劇し、トークサロンに出演しています。

役者としてまだまだ活動していく様子ですね。

宝塚時代は?

朝海ひかるさんは幼少期からモダンダンスやクラシックバレエを習っており、踊ることが好きだったといいます。

高校の音楽の先生に勧められて受験した宝塚学校に合格し、タカラジェンヌとしての一歩を踏み出します。

1991年、77期生として宝塚歌劇団に入団する。初舞台は月組「ベルサイユのばら-オスカル編-」。
同期生に安蘭けい(元星組トップスター)、春野寿美礼(元花組トップスター)、花總まり(元宙組トップ娘役)、成瀬こうき(元専科男役スター)など。

本名は小室 徳子といい、愛称は「コム」。芸名は、「父親のひらめきで出てきた名前」なんだとか。

「けっこう投げやりに決めたんです。でも、朝の海が光っていていいじゃないか、縁起がいい名前で覚えやすいといわれます。今では、あの時の父のひらめきは正解だったのかなと思っています」と語っている。

花組配属後はダンサーとして頭角を現し、1994年には最下級生でロンドン公演に参加し話題になりました。

新人公演の主演を経験せずにトップスターに就任した珍しいパターンで、雪組の「ベルサイユのばら~オスカル編」に待望の主演を果たした際は期待以上の美しく、かわいく、はかないオスカル役で絶賛されました。

今後も数々の舞台に出演してほしいですね!

この辺で朝海ひかるさんの紹介は終わりです。

⇒他のタカラジェンヌの記事もチェック!

スポンサードリンク