北大路欣也の年齢は?父は?兄弟と不仲?老人ホームはどこ?

北大路欣也さんといえば、大御所の時代劇俳優さん。
強面で硬派。誰も頭が上がらないイメージが定着していますが、ネット検索してみると意外な噂が?!

兄弟不仲説や老人ホーム入居報道まで、真相についてまとめてみます。

北大路欣也

重圧な存在感を放つ俳優、北大路欣也さん。
名前負けしていない容姿ですが、本当の性格はどんな方なのでしょうか。

北大路欣也

北大路欣也

その昔、時代劇を中心に活躍なさった俳優さんですが、最近では2007年からお父さん犬の声でCM出演されていますし、ドラマ『海月姫(フジテレビ系)』出演、やバラエティなどでも見かけることがありますね。

今でこそ定番役となっていますが、当初は、北大路欣也のような立派なお方が、家族の中で1人だけ”犬”というマヌケ役とは、かなり意表を突かれたものです。
自分だけが犬であることを北大路欣也が知ったのも、オファーを受けた後だったそうです。

なんということでしょう!
それでもお仕事を断らなかったのは、認知度アップを狙ってのことなのでしょうか。

俳優業

1943年、京都生まれの75歳
お父さんは映画俳優だった、市川右太衛門さんです。

北大路欣也

北大路欣也

1956年に映画「父子鷹」で少年役を演じ父親と共演しデビューしています。

1968年に25歳という若さでNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」の主演に抜擢されたことをきっかけに爆発的な人気を博します。

スポンサードリンク

やはりこの姿が一番しっくりきますよね。
凛々しい目つきに目鼻立ちもはっきりされているので、とてもよくお似合いです。

現在

ソフトバンクのCMだけではなく、ドラマ出演やコメンテーターとしてもメディアに露出されています。

最近では、2014年「三匹のおっさん」をはじめコミカルな役を演じられていますが、ギャップがまた話題を呼びますし、時代に合わせた良い選択なのではないでしょうか。

結婚

1977年11月12日に一般女性とご結婚。

当時北大路欣也さんは34歳で6歳年下の方がお相手だそうですが、出会ったときは女性が15歳の時だったにもかかわらず、「この人こそ理想の妻」と思ったそうです。

13年もの間、想い続けて結婚に至りました。

お相手のお名前は、古屋祥子さん。
慶應大学を卒業されていて、貿易会社の社長令嬢です。

奥さんとは仲が良いようで、一緒にサイクリングなどもされるということですが、お2人の間にお子さんはいないようですね。

結婚会見では、奥さんから「欣也さま」と呼ばれていることを明かしていましたが現在はどうなのでしょうか。

父親

戦前・戦後の時代劇スター、市川右太衛門さんがお父様です。

市川右太衛門

市川右太衛門

なんと、6歳の時に関西歌舞伎に出演
大正14年「黒髪地獄」という映画で映画界デビュー。
東映のスター俳優だったそうです。

美剣士役としても出演されていたそうで、確かに整いすぎと言っても過言ではないほど美形ですよね。

ダイア建設のCMでは、親子共演されていました。

欣也さんも若い頃のお父さんによく似ていますね。

親不孝説

仲良く共演されている様子でしたが、欣也さんがお父さんを老人ホームに入居させてしまったことが、ネット上でかなり話題になっているようなのです。

1999年9月、北大路の父で往年の銀幕スター、市川右太衛門さん(享年92)が亡くなった。
この時、右太衛門さんが妻のスエノさんと一緒に千葉県館山市の老人ホームに入居していたことが発覚し、世間に衝撃が走った。

この報道によると、お亡くなりになるまで隠していたような感じにとれますが・・・。

「その事実が亡くなるまで隠されていたことに加え、報じられた入居までの経緯があまりに異常だったんです。
晩年の右太衛門さんは身内の借金を肩代わりしたことがきっかけで、自宅が差し押さえられるほど困窮していた。
ところが北大路さんはそれまで続けていた仕送りをストップして、さらに兄や姉にも一切知らせず、独断で人里離れた施設に両親を入居させたというんです」(スポーツ紙記者)

なぜこんな事態になってしまったのでしょうか?

この報道には続きがあり、よく調べてみたところ、本当は10年以上も両親と話し合いを続けたそうです。同居も提案したそうですが、断られ、最終的に信頼できる館山の施設への入居で同意に至ったそうなのです。

スポンサードリンク

兄弟不仲?

お父さんの老人ホーム入居騒動で、兄弟に相談なしに入居させてしまうことになり、その後不仲になってしまったそう。

1998年頃に市川右太衛門さんと母親の身を案じた北大路欣也さんは両親を老人ホームに入れようとしましたが、市川右太衛門さんの反対を押し切る形で強引に入所させたそうです。

手荷物一つ持たせずに入居させたと報道されてしまったことから、世間でも「親不孝」だと言われてしまったようです。

ご兄弟には、弁護士から親の老人ホーム入居を伝えられたそうで、、

「父の入居先を知って、お見舞いには行ったんですけど…。そこでも“あちら”とはイロイロありましてね。あぁ、掘り起こされるのも嫌。その後、父の葬儀で“あちら”には会いましたが、それを最後に、もう一切の連絡は取っていません」(女性セブンより、姉談)

「あちら」という呼び方が、もう本当に不仲なのだと感じさせますよね。
このときは絶縁状態ということでしたが、現在もお姉さんと絶縁の状況は変わっていない様子。

姉は両親が引越しをしたことを知って北大路欣也さんにどこに連れて行ったのか電話をしたものの不在で、留守電にも応じることはありませんでした。

仕方なく北大路欣也さんの弁護士を通して両親の入った老人ホームを突き止めたようですが、後から状況を知ることになった姉は北大路欣也さんへの怒りを募らせたようです。

でも一説には、兄弟の中で欣也さんしかお父さんの老後を気にしていなかったから、このような事態を招いたのではないかとも言われています。

北大路さんも老人ホームへ

2015年6月、北大路さんご自身も奥さんと一緒に、介護付き有料老人ホームに入居されたそうです。

まだまだお元気で番組出演などもされていたので驚きました。

都内の一等地にあるその施設は、高級ホテルさながらの設備を誇り、カフェテラス大浴場、さらには映画館まで併設されている。
ダイニングは専属シェフによる日替わりメニューが提供され、東京タワーを眺めながら食事を楽しめる。
ホームドクターと専属看護師、ケアスタッフが24時間常駐しており、医療・介護態勢も万全だ。入居金は5000万円を超える

東京タワーのお近くの老人ホームなのでしょうか??

どこの老人ホームなの?

ネット検索してみたところ、確実な情報はありませんでした。
ですが、何軒か該当しそうな施設はあるようです。

サンシティ_ラウンジ

サンシティ_ラウンジ

こちらは、サンシティという老人ホームの最上階にあるバーラウンジ。
東京湾の夜景を見ながらお酒が楽しめるそうですよ!

サンシティ

サンシティ

目の前に小川が流れているというテラスカフェ。
季節のうつろいを感じながらのティータイムなんて、どれだけ贅沢な時間なのでしょうか!!

該当しそうな施設には、「サンシティ銀座EAST」がありました。
月島にあります。
15年家賃前払い方式で、入居金は4,510万円~14,000万円です。

本当に高額そうな施設ですね。

北大路さんはここからお仕事に向かわれているとういうことなのでしょうか。

他にも候補があります。

クラーチ・エレガンタ本郷

クラーチ・エレガンタ本郷

気分転換したい時のためのライブラリーまである、高級老人ホーム「クラーチ・エレガンタ本郷
こちらも高級設備がいくつも整っている様子。

ジャグジーがあって夜景を見ながら食事を楽しめる…つまり、ダイニングが上の階にあることから、文京区のクラーチ・エレガンタ本郷がかなり条件にあってるように思います。

クラーチ・エレガンタ本郷は東大農学部のすぐそばにあり、11階にスカイラウンジを備えています。ジャグジーつきの大浴場のほかにカラオケルーム、シアタールーム、ビリヤード台、ヘアサロン、フィットネスジムまで備えられています。

クラーチ・エレガンタ本郷から、東京タワーが見えるのか定かではないのですが、こちらもかなりの高級感です!!

入居理由

北大路が老人ホームに入居したのは、奥さんのためだそうですよ。

「彼は連日の撮影で多忙を極め、家を空けがちなんです。奥さんも今は健康ですが、愛妻家の北大路さんとしては、“自分が不在の間に妻に何かあったら”と心配でならないそうで…。
あの夫婦にはお子さんもいませんから、万が一のリスクを考え、今のうちから安心できる施設に入ることを決めたそうです」(北大路の知人)

不倫騒動もなく、愛妻家として知られている北大路さんならではの老後対策だったのですね。

おしゃれなカフェテラスや映画館も併設されていて、さながら高級ホテルのような老人ホームだそうですから、ご夫妻で気軽にデートも楽しめそうですよね。

これからも仲睦まじく老後を楽しんで、お体に気をつけながらメディアでも活躍していってほしいです。

スポンサードリンク