愛加あゆの宝塚時代は?本名は?実家は?退団後の活動は?

今回は元宝塚歌劇団の愛加あゆさんについてご紹介します!

宝塚時代は?

愛加あゆさんは宝塚歌劇団在籍中に、雪組のトップスターを務めていました。宝塚時代にはどのような作品に出て、活躍されていたのでしょうか?

女子高生、花魁、マリー・アントワネットから普通の主婦、伝統的な日本物の女性から肝っ玉母さんのような役までまで幅広く演じるまで成長。
ショースターとしても華やかできらめくような場面から、艶やかで艶っぽい大人の場面まで七色に輝くことができます。しかも出ずっぱりでもスタミナが切れないたくましさと頼もしさ。

愛加あゆさんはマリーアントワネットや高校生役など幅広く演じてきました。実は愛加あゆさんは宝塚歌劇団に入団する前は子役として活躍しており、2005年に入団して2014年まで宝塚歌劇団で活躍してきたのです。そのため加入当時から様々な役をこなしていたのでしょうね。

そして2012年にはトップ娘役に就任しました。愛加あゆさんのお姉さんは同じく宝塚歌劇団に所属する夢咲ねねさんで、宝塚歌劇団史上初となる同時期にトップ娘役就任となったことでも話題を集めたのです。

 

本名は?

愛加あゆさんという名前は少し珍しいようにも思えますが、もちろん本名は違います!

愛加さんの本名は、赤根伶奈(あかね れな)さん。ちなみに、子役の頃は、赤咲伶奈(あかさき れな)さん、という名前で活動されていたようです。

そのままの本名でも十分通じそうな可愛らしい名前ですね。とはいえども退団後の現在でも愛加あゆという芸名で活躍されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 

実家は?

宝塚歌劇団に所属している方といえばやはりお金持ちで、ゴージャスな家に住んでそうというイメージを持たれるかもしれません。愛加あゆさんのご実家はどのようなところなのでしょうか?

愛加さんは、富山県富山市の出身だそうです。実家は、富山の山林王だとか!

噂によると実家は山林王だと言われています。ですが、これは根拠がありません。一部では地主なのでは?とも言われており、何らかの土地はたくさん持っているのかもしれませんね。どちらにせよ兄弟揃ってタカラジェンヌという事でかなり裕福なお家なのでしょうね。

 

退団後は?

愛加あゆさんは宝塚歌劇団を退団した後にはどのような活動をされているのでしょうか?

退団後はワタナベエンターテイメントに所属され芸能活動を行ってみえます。

愛加あゆさんは退団して、現在は女優活動をされたいます。そしてディナーショーも何度か開催しており、そこにゲストとして姉の夢咲ねねさんが登場し、注目を集めたなんてことも。

元宝塚歌劇団雪組娘役トップの女優、愛加(まなか)あゆ(30)が17日、東京都内のホテルでクリスマスディナーショーを行い、実姉で元宝塚星組娘役トップの女優、夢咲(ゆめさき)ねね(33)がゲスト出演した。

2人とも退団後初の共演であったため、会場を沸かせました。夢咲ねねさんに関しても退団後は芸能活動を行なっており、また姉妹揃ってみられる機会があると嬉しいですよね!

今後の愛加あゆさんの活躍に期待ですね。

⇒他のタカラジェンヌの記事もチェック!

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク