一色紗英の今現在は?自宅がアメリカの豪邸⁉結婚相手は?

今回は女優の一色紗英さんについてご紹介します!

今現在は?

一色紗英さんと言えば「三井のリハウス」のハウスガールとして選ばれ、知名度を上げていった女優さんです。一時期に比べるとやはり活動は少なくなっていますが、現在は何をしているのでしょうか?

女優として活躍するも結婚を機に渡米して子育てに専念し長らく芸能界をセーブしています。

一色紗英さんは結婚して子供が生まれたために、芸能界での活動を控えているようですね。アメリカで現在も暮らしており、その美しさは健在なようです。

現在は旅先での出会いやカルチャーを反映したファッションブランド「archi(アーキ)」のディレクターをつとめながら、ビバリーヒルズの高台にある一軒家で自然に囲まれた暮らしを送っている。

一色紗英さんは自身のファッションブランドの運営も行なっているようですね。芸能活動に縛られずに、ディレクターとして現在は頑張っているのでしょう。

2013年、一時帰国してテレビと舞台に出演した一色紗英。3年前の一色紗英の画像ですね。肌の質感から、年齢を感じさせるムードが漂います。顔が劣化しすぎ!

一時帰国した際には芸能活動を少しされていました。一部では劣化しているとの声もありましたが、昔とは違ったハーフ風な美しさがありました。

自宅はアメリカ?

先ほどにも少し出てきましたが、一色紗英さんは結婚してからはアメリカで暮らしています。自宅がかなり豪邸だと話題になっているほどです!

スポンサードリンク

2012年から一色紗英はアメリカのビバリーヒルズで生活を送っていると伝えられています。

アメリカの中でも高級住宅街としても有名なビバリーヒルズに住んでいたのです!ハリウッドスターの方が多く住んでいる土地で、これはかなりのセレブだと見込めますよね。

スポンサードリンク

リビングの大きな窓の外には樹々が生い茂り、眼下にハリウッドならでは大邸宅が望める絶好のロケーション。

テレビでもビバリーヒルズにある豪邸を紹介しており、夫と子供と3人で住むとしてもかなり大きなお家です。

「海があって、大地を感じられて、空が抜けている」という3大要素でLAへの移住を決意したといい「東京と真逆で、追われている感じもなく、自分と向き合う時間が増えたし、家族と過ごす時間も増えた。いろいろなことがシンプルになりましたね」と語った。

一色紗英さんは東京での暮らしに縛られておらず、真逆であるロサンゼルスでの土地柄に惹かれたのでしょうね。家族3人でのんびり過ごすには良い環境かもしれませんね。

結婚相手は?

現在ビバリーヒルズでのセレブな暮らしをされている一色紗英さんですが、旦那さんはどのような方なのでしょうか?

一色紗英さんの旦那であるサーフェン智さんは、アメリカと日本のハーフ。お父さんがアメリカ人・お母さんが日本人です。

旦那さんはハーフなようです。実は一色紗英さんも母親がロシア人と日本人のハーフで、クォーターです。

一色紗英さんの旦那さん、サーフェン智さんのお仕事は実業家です。
サーフェン智さんは映画監督としての実績もあり、5本の話が収録されているオムニバス映画「監督感染」の中で「remholic」という作品を手がけています。
他にもグラフィック・映像関連のデザイン事務所の経営など、幅広くお仕事をされているようです。

昔はモデルとしてのお仕事も行われていたようで、幅広く活動されていました。一色紗英さんとも旦那さんがモデル活動をしていた頃に出会いました。そして2人は5年間付き合った末に2002年5月に結婚しており、子供は3人います。

旦那さんはハーフということもあり、ロサンゼルスでの生活ももしかすると言語面ではあまり苦労していないのかもしれませんね。

今後も一色紗英さんの活躍にも期待ですね。

スポンサードリンク