山下真司の現在は?家族・嫁や子供は?共演女優とのエピが凄いw

今回は山下真司の家族やエピソードについて著述したいと思います。

まずは、山下さんのプロフィールから。

まずは本題に入る前に、山下真司さんのプロフィールや経歴について書いていこうと思います。

生年月日:1951年12月16日
出身地:山口県下関市
血液型:B型
代表作:スクール☆ウォーズ

山下真司さんは、1975年に文学座付属研究所に入所します。

文学座付属研究所を卒業した後は劇団NLTに入ったそうです。

1979年にはドラマ「太陽にほえろ!」にて俳優デビューを果たします。

山下真司さんが世間の注目を集めた作品が「スクール☆ウォーズ」で、
作中で山下真司さんは熱血教師を演じます。

このように山下さんは、若い頃から、俳優業を目指しており、

早速劇団に入られます。

スポンサードリンク

みなさんがご存知の太陽にほえろ!でデビューされて、

世間では、熱血教師の異名を取ることになります。

スクールウォーズは人気ですが、昭和を彩る沢山の

映画やドラマに出演されています。

また、中央大学を出ていて、頭もきれるまさに、

クールな心も持つ、また熱い俳優様でもございます。

女性のファンも多く、西日本出身の僕とすれば、

在野出身の演技として、逞しい姿を尊敬します。

憶測ですが、演劇団では、さぞ熱い仲間が沢山いらっしゃったのですね。

山下真司の現在は?

2018年3月17日から「星のドラゴンクエスト」の新CMに山下真司さんが出演しそのCMが話題となりました!ドラクエのCMでは山下真司さんがブレイクとなった『スクール☆ウォーズ』の熱血教師をほうふつさせる演出になっており、当時のファンからは絶賛の声が上がっています!また、『スクール☆ウォーズ』を知らない若者世代の中でのドラクエの新CMが面白いと話題になりました!

山下真司さんは現在66歳ですが俳優としてまだまだ活躍しています!最近ではドラクエの新CMに起用されたり、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』『獣電戦隊キョウリュウジャー』など、ここ最近の作品にも出演しています!今後も多くの作品に携わるのではないでしょうか!

このように山下真司さんは、ドラクエやアニメなどの作品にも

積極的に参加されており、子供を沢山喜ばせています。

一般的には俳優業として、ご高齢になると、時代劇などに出演されますが、

山下さんは、カジュアルなアニメなど、アミューズメント性のある

作品にも出られており、茶目っ気が伺えます。

また、子供への愛も強く、小学生から高校生が観ても、

ワクワクするドラマばかり出られてますね。

スポンサードリンク

そんな山下さんはやはり、冒険心みたいなものが多く感じられます。

山下さんはファンが幅広い層にいると思われます。

山下真司の子供、嫁、家族はどんな構成?

結婚は?

山下真司さんは1988年に一般の女性と結婚しました!山下真司さんは初婚でしたが、奥さんは再婚だったそうです。山下真司さんの奥さんは山下真司さんと結婚する前は「ミツミ電機」の創業者の社長さんと結婚していたそうです!

山下真司さんが結婚した時は19歳でした。奥様には前の旦那さんとの間に子供がいて19歳にして父親になりました。

山下真司さんの子供は山下達也さんといい、森部達也という芸名で俳優としても活動していたそうです。しかし、2008年に達也さんは自宅マンションで亡くなってしまいました。38歳という若さでした。

ヤフー知恵袋では、家族はいるの?の質問に、年上の方と結婚され、子供さんはいらっしゃらないのでは??違っていたら、ごめんなさい。 とあります。

こんなエピソードですが、

なんか奥さんが社長の方と結婚していたなんて、なかなか実力のある方だと感じられます。

山下さんが、19歳で父親だなんて、昔の人は結婚が早いといいますけど、

なかなか人望があり、才能もあったから見込まれた結婚だと思います。

お子さんが亡くなられたのは相当残念ですが、

きっと演技とか芸能界のことを沢山話していた気がします。

今の奥さんとは仲が良く、まだ続いているということは、

やはりよくある芸能人の仲のいい夫婦をしている感じがします。

これからの仲のいい夫婦でおしどり夫婦として、

沢山のアニメやゲームなどの子供の喜ぶ

作品に出演されたら、芸能界としても、かなりの大御所です。

ダンディズムを生かして、これからも期待しています。

 

山下さんの共演女優とのエピソードは?

  • 「女のスタッフや共演者には挨拶しない」と公言していた。現場でのコミュニケーションを深める手段は女性スタッフを抱きしめることである。

このようにネットのページにはありますが、とにかく愛を持って、女性に接しているということがわかります。まるでフランス人のようですね。

そんなことからも、現場感を大事にして、和やかな雰囲気で演技を進めるのですね。

山下さんの今後を期待致します。

 

スポンサードリンク