原日出子の現在は?病気は?更年期障害を乗り越えた方法は?

原日出子さんの現在と、自身が抱えている病気について著述します。

彼女のプロフィールは?

本名:渡辺典子
生年月日:1959年11月10日(現在56歳)
血液型:O型
出身地:東京都武蔵野市
身長:156cm
体重:47kg

芸名が本名と大きく違いますね。
実は芸名は尊敬する先輩の名前から取ったものだそうで、女優の原節子さんと自身が出演した夕焼けマイウェイの原作者である加藤日出男さんからとったのだそう。

元々劇団四季の研究生だったそうです。
夕焼けマイウェイで映画に初出演を果たしながらもオーディションを受け続けていたそうです。

このように彼女は、昔からドラマや劇団を通して、女優として、頑張っています。

長男や長女をもうけ、また息子は芸能のオーディションを受けるという芸能家族です。

夫も趣味多彩で、陰ながら原さんの芸能活動を支えていました。

彼女は昔の高校の友達と結婚し、また現在の夫と交際するまでに離婚しています。

スポンサードリンク

そして、前夫の間では一人の子供をもうけています。

なかなか仕事、プライベートにも全力投球の彼女ですが、

今や孫にも恵まれていて、笑いのある生活となっていることでしょう。

現在は?

原日出子さんは現在も女優として活動していますね。

映画より、ドラマが中心のようです。

役柄は母親役が多いですね。

女優以外では、旅番組などの出演も多いようです。

現在は母親役として多くのドラマに出演されているようですね。

また、家族構成としては旦那さんの連れ子さんを含めて3人いらっしゃるようです。

彼女の病気はいつから?

原日出子さんは1959年11月10日生まれなので、現在58歳です。

更年期障害の症状が出始めたのは、44歳の時でした。

ある日突然、動悸と息切れに襲われた原さんは、明らかに体調の異変を感じ、何か悪い病気かと思って内科に行きます。

・二階の寝室に行くにも息切れがして上がれない。

・生理のたびに全身汗びっしょり。

この時、彼女はまだ自分が潜在的に何かの病気にかかっているとは

自覚していませんでしたが、

夫に相談し、総合病院に行き、医者の診断によって、診断されました。

はじめは薬を結構飲んでいたらしく、戸惑いもあったそうです。

スポンサードリンク

なかなか相談することもなく、家族の理解があって、

回復への道を歩み始めました。

彼女の意思からも、また元気はつらつとドラマで活躍したいという

ことでしたので、病院からもさぞ応援されたことだと思います。

彼女の昔からのガッツがあってからこそ、回復へと足を踏み入れたのだと思います。

 

更年期障害の支えは?

真面目で、完璧を求めてしまう性格の原日出子は、なんでも自分でやってしまうところがあったのでしょう。いざそれが不可能となると、ストレスがたまり、さらに症状が悪くなってしまうという悪循環。3年間、家族に打ち明けることもせず、ずっと一人で悩んでいた原日出子は、奈美悦子に相談したことをきっかけに、ようやく治療を開始。

原日出子の更年期障害を知った旦那の渡辺裕之は、ゴミ捨てや洗い物などをする際は、原日出子の見てないところで行うことを心がけていたとか。

というように原さんは芸能界の大御所に相談して、いい病院を紹介してもらって、治療を開始しました。

はじめは、なかなか悩んだらしく、年齢もあったり、他のおばさんが罹っていたりするので、

落ち込んでいましたが、なんとそこに夫の励ましがあり、意欲を上げ、治療に専念します。

イライラや運動不足の典型的な更年期障害を支えたのは、夫で、

日常の選択や、部屋の掃除や、食事の提供までしていたことから、

かなり理解と行動のあった人でありました。間に合う人ですね。

 

彼女は更年期障害どうやって乗り越えた?

原日出子を44歳で襲った更年期障害!克服のポイントは「家族理解」

44歳になった原日出子は、息切れや倦怠感などの症状が続き、更年期障害を発症してしまいます。家族に気付かれぬようにしていた原日出子でしたが、あまりにも精神的なダメージが大きかったため、更年期障害を経験していた先輩の奈美悦子に相談したそうです。

先述しましたが、彼女がこの病気を乗り越えられたのは、周囲の理解、夫の理解だと思います。

また、芸能界の先輩の助言あってこその回復だといえますね。一般的には

この病気にかかると、努力することのない人がいる中、

彼女は未来に向かって、努力して衆生の目標だと思います。

ご参考に。

スポンサードリンク