蘭寿とむの宝塚時代は?旦那は?北川景子がファン?休業理由は?

今回は元宝塚歌劇団の蘭寿とむさんについてご紹介します。

宝塚時代は?

今回は元宝塚歌劇団の男役としてトップスターを務めており、高い人気を誇っていた蘭寿とむさんについてご紹介します。

蘭寿さんは、1994年第82期生として、
宝塚音楽学校に入学されています。入団の1996年に、「CAN-CAN」で初舞台を踏まれた後は、数多くの舞台に立たれています。

蘭寿とむさんは過去最難関と言われる自体に宝塚音楽学校に首席で入学され、その後も主席の座を誰にも譲らなかったようです。そして、宝塚歌劇団に入団する際にも主席。100年に一度の逸材とも言われていました。

2011年には、花組のトップ男役に就任。

2011年「ファントム」「小さな花がひらいた/ル・ポァゾン 愛の媚薬II」

2012年「復活/カノン」「長い春の果てに/カノン』ステファン

2013年「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」と数々の舞台に立たれ、2014年「ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―」を最後に、宝塚を退団されています。

蘭寿とむさんは、トップスターとして、宝塚歌劇団全体のスターとしても華々しい活躍をされてきました。宝塚歌劇団時代には、ファンの方も多くかなり人気も高かったようです。

スポンサードリンク

 

旦那は?

恋愛はタブーとされたいる宝塚歌劇団ですが、蘭寿とむさんは退団後にご結婚されています。宝塚の男役を務めた方は結婚が遅い印象もありますが、蘭寿とむさんは比較的早い方でしょうね。

2016年9月28日一般男性との結婚を自身の公式サイトで発表。

蘭寿とむさんの結婚されたお相手は一般男性で、大手総合商社に勤めているとの噂です。海外勤務を経て、現在は東京本社に勤務されています。とても堅実な方をお相手に選ばれているようで、印象も高いですよね。

そして実は旦那さんの実家がかなり宝塚歌劇団とゆかりがあるそうです。

旦那さんのお母様は千波薫さんです。上のお姉さんは千波淳、次のお姉さんが星組男役スターだった千波静さんです。その千波静さんはなんと松岡修造さんのお母さんの千波静さんです。

つまり旦那さんと松岡修造さんは従兄弟同士なんです。しかも旦那さんの妹さんも元タカラジェンヌの千波ゆう。

これはかなりすごいご家庭だということがわかりますね。旦那さんのお母さんから始まり、妹までもタカラジェンヌということでそのつながりで一般人である旦那さんが、蘭寿とむさんとお知り合いになったのでしょうね。

宝塚一家に嫁いだ蘭寿とむさんですから、お子さんがもし生まれた際にはまた宝塚歌劇団に入団されることがあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

北川景子が大ファン?

女優である北川景子さんが蘭寿とむさんの大ファンだそうです。

元花組トップスターの蘭寿とむさんにオチてから、一気にヅカファンになった北川景子さん。ブログでも、半分以上は宝塚について書いているのではと思えるほど、熱い思いを綴っています。

ファンの方からも北川景子さんの生粋の宝塚歌劇団のファンであることがわかり、とても印象も良いようです。またそのきっかけが蘭寿とむさんであることからも、蘭寿とむさんの偉大さがわかりますよね。

蘭寿様の「復活」を観劇し、蘭寿様に出会い、宝塚に出会い、人生が本当に輝きました。
あの日、男役・蘭寿とむ様に出会ったことは、私の人生の一番の衝撃だったように思います。
舞台人としてのストイックな姿勢、与えてくださった夢、感動、彩り、すべてが私の宝物です。

蘭寿とむさんについて自身のブログで北川景子さんはこのように述べています。この文章からも本当に好きなんだということが読み取れますよね。

 

休業理由は?

蘭寿とむさんは退団後に休業を発表されました。どうしてなのでしょうか?

その後、2017年2月末をもって、ファンクラブ「Ranju」が解散という宣言がなされました。

このファンクラブの閉鎖がきっかけで、蘭寿とむさんは活動を休業されました。実は蘭寿とむさんですが、旦那さんと結婚を発表した2016年ごろからおかしいとファンの間では実は話題になっていたのです。休業理由に関しては明らかになっていないものの、いくつか推測されているようです。

2ch等では一部では休業理由は、妊活中だからではないだろうか?妊娠中?と噂されていますが。

噂通り結婚を機に妊活されている可能性もあるかもしれません。または専業主婦になりたいと思ったのでしょうか?

蘭寿とむさんが退団してからも熱心なファンの間では、活動をまた再開して欲しいと言った要望のお手紙送っている方も多いようです。突然のファンクラブを閉鎖するという行動には謎が残るままではありますが、もし万が一本当に妊活をされているのであればそのうち良い発表が聞けるかもしれませんね。楽しみにしておきましょう。

今後また蘭寿とむさんが活躍されている姿をどこかで見ることができると良いですね。

⇒他のタカラジェンヌの記事もチェック!

スポンサードリンク