小林稔侍は現在も健在!嫁はどんな人?77歳にして初の映画主演も!

今回はベテラン俳優の小林稔侍さんについてご紹介します。

小林稔侍の現在は?

ご高齢の為、どうしても死亡説などがネット上で流れてしまうのですが、現在もご健在です!

現在の活躍の場としては主に映画や2時間ドラマに多く出られている様子。

ドラマでは「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 SECOND SEASON」など、

映画では「不能犯」や「家族はつらいよ」などに出演されています。

最近では映画初主演も務められており、まさに現在俳優として絶好調といった感じのようです。

76歳にして映画初主演!

なんと76歳にして初の映画主演を務められた小林さん。

「初」主演というのはかなり意外ですよね!もっと主演を務められているものと勝手に思っていました。

で、その初主演作品というのが「星巡りの町」という作品。

もう名前だけで素敵な作品感がぷんぷんするのですが、予告映像を見て確信しました。

スポンサードリンク

「これは絶対良い映画だわ!」

その予告映像がこちら↓

こちらの映画がどんな映画かというと…

妻を早くに亡くし、一人娘志保と二人暮らしをする主人公、島田勇作。京都で豆腐作り修行を積んだ勇作は
毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。

そんな勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。
亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。

自然に根差した自給自足の勇作との暮らし中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、
少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、
一人で留守番をしていた政美に震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。

出典:http://hoshimachi.jp/

と、東日本大震災の後被災した人々の関わり合いがテーマになっています。

小林さんの役柄は、震災で家族を亡くした少年をそばで見守る豆腐屋のおじいちゃんです。

どうやら小林さんは映画主演を演じてみたいと思っていたものの、本当にそんな機会が来るとは思っていなかったようで、主演オファーが届いた時にはとても喜ばれたようです。

小林は、「映画初主演の話をもらった時は、夢というか、信じられなかった。

今までも何回か話はあったけど、立ち消えたりしてて、本当に自分が主演の映画を撮れるなんて思ってもいなかったんです。

これも人との縁だと思っています。いろんな縁が重なって、こうして夢を果たせて本当にうれしいですし、黒土監督をはじめ、みなさんに感謝しています」と喜びをかみしめている様子。

小林さんの嬉しさが伝わってきますよね。

なんだかこちらまで嬉しくなってきてしまいます笑

また、小林さんはこの映画についてこう語っています。

スポンサードリンク

「映画の中では、震災で心に傷をもった少年と主人公が出会います。少年は主人公に出会えたからこそ変わっていけるようになる。そんな少年の成長に、僕はすごく共感したんです。人との縁が、人生を大きく変えることってありますよね。

本作品を見て、1人でも多くの方に『人の縁の大切さ』や『生きることの素晴らしさ』を感じてもらえるとうれしいです」と語っている。

小林さんが「人との縁」をとても大事にしている事がうかがえるコメントですね。

旅番組に親子で出演

また「いい旅夢気分」という旅番組にも親子3人で出演されています。

その時の画像がこちら

親子はとっても仲が良いんだとか。

ちなみに、息子さんも娘さんも小林さんと同じ役者さんをされているそうです!

親子で同じ仕事をしているってどんな感じなんでしょうか?気になりますねw

こちらは息子さんとのツーショット

嫁は?

さて、お子さんの姿は確認できましたが、奥さんはどんな方なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

が、奥さんに関する情報は全くと言っていい程見つかりませんでした泣

ただ、小林さんの結婚時のエピソードがありましたのでご紹介しますね。

小林さんは奥さんと結婚当時、売れない役者で、役名もない役や、撃たれて死ぬ役のような仕事ばかりだったそうです。

そんな状況だったので結婚する時奥さんにこう言ったそうです。

小林は「結婚する時に女房にね、何も夢持たないでくれって言ったの。1日3回の飯は食わせるけど、それ以上は何も夢を持たないでくれ」と伝えたという。

なんとも現実的な話ですが、ついてきた奥さんも立派ですね。

そんな小林さんですが、今でも「撃たれるだけの役」をやっていた頃から気持ちは変わっていないそうです。

志が低いと言われるとそれまでですけど、それでどうやって俳優像を造っていくとかまったくないんですよ。食えればいいっていう。お恥ずかしい話なんですけど

と、ご自身の俳優感を語っています。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はベテラン俳優の小林稔侍さんについてご紹介しました!

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク