生田悦子の若い頃の写真は?田宮二郎や淡谷のり子との関係は?

生田悦子さんは福岡県出身の女優さんです。

これまでに数多くの映画、テレビドラマに出演し、現代劇では主に知的な女性に扮し、時代劇ではおかみさんや、武家の妻女、大奥の女官などと、幅広い役柄を演じてきました。

1947年4月8日生まれで年齢は70歳を超えています。

高校在学中16歳で、準ミスに入選したことがあるとのことですが若い頃はどんな感じだったのでしょうか?

また、人気ドラマ「白い巨塔」で共演した田宮二郎さんや淡谷のり子さんについて、生田悦子の今現在までまとめてみました。

若い頃の生田悦子さん

生田悦子さんが1968年に出演した映画「白昼堂々」の画像です。

この時、生田悦子さん20歳だそうです。
準ミス入選納得の美しさですよね!

田宮二郎さんとの関係とは?

生田悦子さんは、ドラマ「白い巨塔」で、田宮二郎さんと夫婦役を演じていました。

当時田宮二郎さんは、資金繰りなどに困っていて、怪しい事業などに手を出していたそうで、生田悦子さんが証言しています。

2013年(平成25年)に週刊現代の企画で行われた山本學・生田悦子・柴田光太郎の三者対談で、『白い巨塔』収録中に田宮が頻繁にM資金取引の電話をしていた事を、財前五郎の妻役で出演していた生田が証言している。
生田によると、田宮は撮影の合間によくフジテレビの食堂で電話をかけていたが、使用していたのは10円玉しか入れられないピンク公衆電話であり、生田は田宮からの要請で通話中は両替に走っては傍で通話用の10円玉を手のひらに載せて立っていたため、通話内容がはっきりと聞こえたという。
これに見かねて田宮にM資金の支払いを諦めるよう説得すると、「できない。来年(1979年(昭和54年))になったらどうにかなるよ。でも、来年はないかな」と死を仄めかす返答をしたため、生田は怖くなってプロデューサーの小林俊一に相談したという。

「白い巨塔」放映中の1978年、田宮二郎さんは自宅で猟銃自殺されました。

 

淡谷のり子との関係は?

スポンサードリンク

フジテレビ系バラエティ特番『ものまね王座決定戦』で長年にわたって審査員を務めている生田悦子さん。

左隣で審査している歌手の淡谷のり子氏が、高齢のために採点機械の使い方がわからないときに、代理で得点ボタンを押している生田氏の姿は、番組のほほえましい名物でもありました。

『ものまね王座決定戦』で審査員として淡谷のり子の耳元でひそひそ話をしている姿が印象的だった生田悦子さん。

その後1990年代に入ってからメディアに露出することがなくなりました。
噂によると更年期うつで長期間闘病したのが原因だそうです。

現在の生田悦子さん

生田悦子さんは2006年12月、更年期うつによる闘病生活を送っていたことを告白しました。

更年期障害の症状としてよく語られるホットフラッシュが出て、女優を続けることができなくなったそうです。

その後、うつ症状も併発した生田悦子さんは、かなり苦しんだようです。
しかし、なるようになる!と気持ちを切り替えることができて、乗り越えたと話されています。

現在は、たまにバラエティにでる他、「更年期とうつ」などのテーマで講演をおこなっているようです。

今回は生田悦子さんについてまとめてみました。

生田悦子さんを調べている最中に親戚?親子?と検索されている人たちがいました。
それがジャニーズの生田斗真さん、ゴン中山さんの奥さん、生田智子さん。

しかし、生田悦子さんは58歳で初婚。
お子さんはいらっしゃらないとのことなのでどうやら違うみたいですね。

女優としての活動はほぼないようですが、更年期障害との折り合いもつけ、
元気に過ごされているようです!

主婦の私が1時間で3万円稼いだ方法

家計のやりくりをしているとどうしても自分の為に使うお金がなくなりがちですよね泣

私もそれで困っていたのですが、お小遣いサイトのお得な使い方を知ってゲットしたお金で欲しかったバッグを買う事ができました!

↓の記事では主婦の私がお小遣いサイト(ポイントサイト)で実際に1時間で3万円稼いだ方法をご紹介しています。

知らないと損するポイントサイト活用術を解説。
やり方は超簡単!正直知ってるか知らないかだけです( *´艸`)

あなたもサクッと3万円稼いじゃいましょう!

⇒超簡単!ノーリスク!ポイントサイトで1時間で3万円稼ぐ方法を解説
スポンサードリンク