市毛良枝の年齢身長は?結婚して夫・子供は?昔の活躍や画像は?

今回は女優として活躍されている市毛良枝さんについてまとめました。市毛良枝さんの夫や子供に関する情報や、若い頃の画像などを合わせてご紹介します。

市毛良枝の年齢・身長

関連画像

市毛 良枝(いちげ よしえ、1950年9月6日 – )は、日本の女優、登山家。静岡県出身。身長156cm。所属事務所はアミューズ。以前は ハーキュリーズに所属していた。特定非営利活動法人日本トレッキング協会理事。

市毛良枝さんは、芸歴45年を超えるベテラン女優です。

今年で68歳を迎えますが、現在も多くのテレビドラマや映画に出演されています。

身長も156cmと女性では平均的な数値です。

かつては「理想の花嫁ナンバー1」や「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」と呼ばれ、男性から高い支持を得ていました。

市毛さんは芸能界きっての登山好きとも呼ばれており、2012年7月「Number Do」の取材で登山にハマったきっかけについて答えています。

最初は全然関心なかったんです。私が40歳のとき、たまたま父が救急で入った病院の担当医の先生が山好きで、看病に通うといつも看護婦さんたちと行く山の話を聞かされていたんです。父の他界後挨拶に行き、半分社交辞令みたいに「今度行かれるときは私も誘ってください」と言ったんですけど、いきなり「では、今度の9月の連休はお暇かな?」と聞かれて。どうしようって思ったんですけど、目の前で話している先生はすごく楽しそうだし、これは二度とないチャンスかもしれないって。

そのときに行った燕岳への登山が、私を山好きにするために誰かが書いたシナリオだったんじゃないかと思うぐらい最高に楽しい時間だったんです。天候も変化に富んでたし、山で起こるあらゆることが私の人間性にすごくフィットして、完全にはまっちゃいました。

スポンサードリンク

父親の看病の際、担当医に誘われた事がきっかけで登山を始める事になった市毛さん。

登山を始めるまでスポーツの経験がほとんど無かったそうですが、1993年にはキリマンジャロの登頂に成功するなど国内外問わず多くの山に登っています。

 

市毛良枝の夫

「市毛良枝」の画像検索結果

市毛良枝さんは1988年、政治家の小川敏夫さんと結婚しています。

関連画像

小川さんは裁判官、弁護士、検事を経て、現在は立憲民主党の政治顧問を務めています。

民主党時代には菅内閣・野田内閣で法務副大臣、法務大臣を歴任しています。

2人の結婚の経緯については、一部ではお見合い結婚といった情報も出ていますが、正確な情報に関しては明らかになっていません。

芸能人と政治家の組み合わせとなると、政治家主催のパーティーやお祝いの催事で接点が生まれる事も多いので、2人のその様な形で出会ったのでしょう。

離婚の真相

関連画像

市毛良枝さんと小川敏夫さんは既に離婚しており、市毛さんは現在も独身です。

離婚の原因については諸説ある様ですが、小川さんが市毛さんに対しDVをしていたのではないかという報道が週刊誌や新聞で取り上げられています。

スポンサードリンク

 週刊新潮の記事について、元法相の小川敏夫参院議員が新潮社に1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の志田原信三裁判長は21日、記事のプライバシー侵害と新聞広告の名誉毀損を認め、220万円の支払いを命じた。

問題とされたのは、元妻の女優、市毛良枝さんとの離婚をめぐる1990年のトラブルに関する昨年1月26日号の記事。「『小川法務大臣』が『市毛良枝』にパトカーを呼ばれた日」と題し、広告にも同様のタイトルを掲載した。

週刊新潮が2012年に発売した記事で、小川さんのプライバシーを侵害する内容が書かれていた事から、小川さんが出版元の新潮社へ提訴するという事態にまで発展しました。

この件は既に和解しているものの、元妻である市毛さんのイメージ低下にも繋がりかねない出来事となってしまいました。

離婚の時期については、週刊新潮が「1990年のトラブル」と報じている事から、この頃には離婚が成立していた様です。

 

子供はいるのか?

「市毛良枝」の画像検索結果

市毛良枝さんの子供に関する情報は無く、結婚当時は小川さんとの間では子宝に恵まれなかった様です。

先述の離婚のトラブルの時期から推察すると、結婚生活も2~3年程度だったと考えていいでしょう。

一方で、小川さんの公式サイトには政治を志した動機が掲載されており、子供に関する話題にも触れています。

46歳で子どもが生まれ、子どもの世代のために何を残すか、よい社会を残すのが親世代の務めであると感じました。

1948年生まれの小川さんの年齢から逆算すると、1994年頃に小川さんと後妻の間で子供が生まれている様です。

一部では、市毛さんと小川さんが「1996年に離婚した」と記載している所もありますが、市毛さんの状況と小川さんの家庭環境に矛盾が生じるため、この説に関しては信憑性が低いです。

 

市毛良枝の若い頃

00私は逃げない.jpg

市毛さんの出世作となった「嫁姑シリーズ」のレコードジャケットです。

画像の左側にいる市毛さんは、この作品によって「お嫁さんにしたい女優」といったイメージが定着しました。

市毛良枝

こちらは1984年に放送された「松本清張の証言」でOL役を演じた市毛さんです。

「嫁姑シリーズ」の役柄とは対照的に、この作品では愛人の役を演じています。

image

テレビ朝日「土曜ワイド劇場」で放送されていた「市毛良枝の美女探偵シリーズ」に出演していた頃の市毛さんです。

市毛さん主演のこのシリーズは、1985年から1991年にかけて計6本製作されました。

歴代の土曜ワイドのシリーズ作品においても実在の人名が付いたシリーズはほとんど無く、当時の市毛さんの人気と存在感の強さが伺えます。

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク