北大路欣也の若い頃の画像まとめ!【昭和の男前】

日本を代表する大俳優北大路欣也さんは皆さん当然ご存知かと思います。

映画やドラマなどで存在感を発揮する彼の演技から、ダンディな大人の魅力を感じますよね。

今回は、そんな北大路欣也さんが若い頃はどんな感じだったのか、

画像と一緒に振り返って見たいと思います!

若い頃は?

若い頃は、「旗本退屈男シリーズ」や「仁義なき戦いシリーズ」

「忠臣蔵」「子連れ狼」などにも出演していました!

「篤姫」では、勝海舟の役、「江~姫たちの戦国~」では、徳川家康の役でした!

「竜馬がゆく」で坂本龍馬役で主演、「独眼竜政宗」で父親役の伊達輝宗の役でした!

スポンサードリンク
若い頃かから様々な時代劇での出演が多く、
かっこいい役柄をこなしていたみたいですね。

若い頃の代表作は?

1956年:映画「父子鷹」で映画デビュー。
1963年:映画「海軍」で映画初主演。
1964年:舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」で舞台デビュー。
1968年:大河ドラマ「竜馬がゆく」に出演。
1973年:「仁義なき戦い 広島決闘篇」に出演。
1977年:古谷祥子と結婚する。

時代劇の他にも、仁義なき戦いでヤクザ役をやっていたり、

今ではあまり想像がつかないような役柄もこなしていたよみたいですね。

お父さんは?

父親といえば、北大路欣也さんのお父さんは、

かの有名な 「旗本退屈男」 の市川右太衛門さんです。

市川右太衛門さんは、戦前~戦後期の時代劇スターで、

阪東妻三郎さん、大河内伝次郎さん、片岡千恵蔵さん、嵐寛寿郎さん、

長谷川一夫さんとともに 「時代劇六大スタア」 と呼ばれていたそうです。

北大路欣也さんのお父さんは、「旗本退屈男」 の市川右太衛門さん。

当時の時代劇のスーパースターの息子さんということで、

サラブレッドとしての時代劇俳優としての血筋は完璧ですね!

子供時代は?

北大路さんのデビューは小学校6年生で、

お父さんの市川右太衛門さんに付き添われてデビューしたそうです。

そもそも、北大路さんは映画俳優さんの市川右太右衛門の次男として生まれていて、

13歳で「父子鷹」という映画で芸能界デビューしています。

役柄は勝海舟の少年時代の役だったそうです!

北大路欣也さんの最初の役柄は、明治時代の革命児、勝海舟!

現在も、ソフトバンクのCMで犬のお父さん役の声を担当するなど

型にはまらない活躍を見せる北大路欣也さんにぴったりな役柄ですね。

小学校時代のエピソード

小学校時代には大の車好きだった北大路欣也さんは、

バスの運転手を観察して運転方法を学び、

スポンサードリンク

バス停留所に忍び込んで停車していたバスを

数メートル運転したことがあるそうです。

北大路欣也さんは成人する頃には身長174センチあったようですが、

小学校時代は食べ物の好き嫌いが多かったことから

栄養バランスに偏りがあり、身長はクラスで一番小さかったそうです。

意外にも、子供のときは小柄で、やんちゃな少年だったようです。

お父さんは厳しい方だったみたいですが、

活発でアクティブな少年時代を過ごしていたみたいですね。

今の貫禄があり落ち着いたイメイージからは想像ができない(笑)

中学校時代のエピソード

中学校時代に北大路欣也さんは標準語を身につけるために単身上京したそうで、

東京の中学校では絵画コンクールで知事賞を受賞するなど

芸術のセンスも優れていたようです。

その後早稲田大学第二文学部演劇科に進学していることからも、

子供の頃から、才能に溢れた子供だったみたいですね!

北大路欣也の若い頃の画像

現在も強い目力や重厚な存在感で、かっこいい北大路欣也さんですが、

わかいころは、どんな感じのふんいきだったのでしょうか。

若い頃の画像をまとめて紹介します!

さすがスーパー俳優。ダンディで、イケメンですね!

ジャケット写真も決まっています!

「仁義なき戦い」。ヤクザ役もキマっています!

若い頃から目力は健在なようです。

北大路欣也さんの時代劇はほんとにハマっていてかっこいい!

RITZのCMにも出ていたようです。トレンディ!

ナビスコリッツは、動画もあるようです↓

いかがでしたでしょうか?若い頃から北大路欣也さんは本当に男前で、

昭和のスーパースターであったことが伝わりましたか?

現在のどっしりした北大路欣也さんも素敵ですが、

若い頃の爽やかな北大路欣也さんもすてきですね。

お読みいただきありがとうございました。

下にも多くのコンテンツがございます。
ぜひご覧ください!
スポンサードリンク