有馬稲子の現在は?若い頃は宝塚で綺麗?年齢や身長は?子供は?

今回は、有馬稲子さんについてご紹介します。

有馬稲子さんは、戦後を代表する女優の一人です。
また、ニックネームで呼ばれることも多く、愛称は「ネコちゃん」「おイネ」などがあります。

そんな有馬さんの若い頃や、身長、年齢などパーソナルな部分について今回は見ていこうと思います!

では早速見ていきましょう(^◇^)

有馬稲子の年齢、身長は?

まず、初めに有馬さんの身長、年齢について見ていきましょう!

大ベテラン女優ということもあり、現在80歳を超えています。

生年月日が1932年4月3日ということで、なんと86歳です!

 

次に、身長についてですが、この年代の方にしては高いと言えるでしょう(^◇^)

身長がどれくらいなのかというと、

158cmあります。

同年代の女性では身長が高い方ではないでしょうか?

宝塚歌劇団にも所属していた経歴もあるので、

歌だけでなく踊りもあるのでスタイルは抜群ですね

後に触れますが、宝塚ということもあり80歳を超えた現在でもスタイルがいいですね!

 

有馬稲子の現在は?

80歳を超えている有馬さんですが、女優としての活動は少ないようで、現在はケア付きマンションに住んでいるという噂があります。
実際に調べてみると・・

有馬稲子さんは老人ホームではなく、ケア付きマンションに入っているようです。

有馬稲子さんの入っているケア付きマンションは、シニア向けマンションの一種のようです。
55歳以上、元気で歩ける人しか入れないようです。

大広間、レストラン、温泉などがあり、同好会も多く、有馬稲子さんはガーデニングの会に入っているんだとか。

近くに広い公園があり、2駅くらい車に合わずに歩けるそうです。

有馬稲子さんは、365日中、360日は歩いているそうです。

場所は横浜で、有馬稲子さんの公式ページでのブログで「ライフケア横浜」と書かれているので、横浜市港北区だと思われます。

このマンションの感じだと、終の棲家ではないようですね。

 

老後を満喫していると言ったところですね(^◇^)
今後どのような生活をされるのかはわかりませんが、このようなのんびりした生活には憧れてしまいますよね!

 

 

若い頃は宝塚で綺麗?

スポンサードリンク

現在の有馬さんについて見ましたが、果たして、若い頃はどのような方だったのか気になりますよね!

なんでも宝塚で活躍されていたとかされていないとか・・・

真相を見ていきましょう(^◇^)

 

1946年に宝塚歌劇団に入団します。

 

タカラジェンヌは宝塚音楽学校を卒業すると同時に

宝塚歌劇団に入学をして主演娘役を務めるなど活躍をします。

1951年に「宝塚婦人」で東宝映画にデビューをします。

その2年後に宝塚歌劇団を対談するのですね。

 

タカラジェンヌでは男役を演じたことから

映画に興味を持つきっかけとなったようですね。

華麗は男装をまとうよりも、映画のヒロインを選んだのですね!

 

噂通り宝塚歌劇団出身の女優さんというわけですね!

また、画像を見てわかる通りかなりの美人です(^◇^)

 

子供はいるの?

有馬さんは二度の結婚と離婚を経験されています。
しかし、調べたところ、いずれも子供を授かることはなかったようで、少し後悔しているようにも感じました。

 

実生活では2度の離婚を経験。1961年11月に萬屋錦之介(当時は中村錦之助)と挙式。披露宴には、有馬の親代わりとして、作家・川端康成氏夫妻が出席。故・大川橋蔵さん、岸恵子らが出席し、当時の新聞では「映画史上はじまっての盛大な結婚式」と報じられた。

しかし、結婚生活は長くは続かず、65年に離婚。69年、不動産会社を営む実業家K氏と再婚。K氏の会社が多額の負債を抱えて倒産し、有馬は懸命に働いたが、約5年後の83年2月に離婚した。有馬は「力及ばなかった。彼は女に寄りかかって生きていくのが耐えられなかったのでしょう。陽気な人だっただけに、仕事がうまくかなくてふさぎ込んでいるのを見るのは私もつらかった。これが別れの一番の原因です」と会見で語っていた。

この日の番組では、2度の結婚を振り返り「(一度目は華やかで…)そうです。最初はね」としみじみ。きょうだいはいるが、あまり連絡は取り合ってはおらず、「(離婚して)1人になった時はいいなと思ったんですよね。でも、今、ちょっと寂しいですね。子供が欲しかった。それが本当に残念で」と吐露した。

波乱万丈な結婚歴ですね・・・
大女優らしいと言えばそうなのかもしれませんね!!

スポンサードリンク