岸部シローの現在は?兄は岸部一徳!西遊記で沙悟浄役も

岸部四郎さん、タレントや俳優として活躍されていましたが、最近はめっきり見かけなくなったので、どうしているのか気になってまとめてみました。

岸部シローさんの現在

調べてみるとどうやら現在岸部シローさんは闘病生活を送られているようです。詳しく解説していきます。

体調悪化

2003年、岸部さんは脳内出血で倒れ緊急入院することに。

2009年には体調が悪化し、メディアの露出が見られなくなっています。

2003年に脳出血で倒れた時は後遺症で歩くのも困難な状態になってしまい、車椅子生活を強いられます。

また、「視野狭窄」も患われ、
右目の視野が3分の1しか無くなってしまったのでした。

視力も極端に低下してしまったようです。

自己破産後、「ガキの使いやあらへんで」などの番組で「借金キャラ」として復活を遂げていた最中だっただけに、本人もやるせなかった事と思います。

その後体調は回復に向かいますが、2007年に最愛の奥さんを亡くされてからはうつ病を患ってしまい、2009年に体調が悪化。救急搬送されてしまいます。

現在は老人ホームで闘病中とのことです。

現在の岸部四郎さんの画像がこちら。

岸部四郎 病気

大分やつれていらっしゃいますね。

老人ホームの入居代などは兄の岸部一徳さんが工面したそうです。

岸部シローさんを芸能界に入れた兄の岸部一徳さんですが、シローさんを芸能界に入れた事を後悔しているという話もあります。

確かに、芸能界にいなければ自己破産という道を歩むことはなかったかもしれませんね。

ちなみに、岸部シローさんの現状について岸部一徳さんはこう語っています。

(2013年の東京ドームで)本人はもっと、
やっぱり歌いたかったそうです。

今はとにかくリハビリをして、
車椅子ではなく歩いてやろうとしています。

(今後、披露する)機会があるかわからないけれど、
普段、歌もけっこう歌っています。

そんな状態なので、改めて本人が今すぐ取材を受けるとかではないけど、
ちょっと元気になった時には、ぜひ(取材に)来てほしいんだけど(笑)

徐々にではありますが、回復に向かって進んでいるようですね。

また私たちの前に元気な姿を見せてくれることを期待したいですね!

 

略歴

岸部四郎

京都府のご出身です。

1967年、「ザ・タイガース」のバンドボーイ(雑用係)となり、約1年ほど行動を共にされます。
そして、翌年の1968年には、音楽評論家を目指し、メンバーと渡辺プロダクションの援助を受けて、単身でアメリカロサンゼルスへ留学。

実の兄に元ザ・タイガースで一緒に活躍した岸部一徳さんがいて、後から芸能界入りした弟を誘って同じタイガースで四郎さんはギターとして活動。

1971年にタイガースは解散しています。

1978年には、ドラマ「西遊記」の沙悟浄役として出演。
1984年から1998年までは、「ルックルックこんにちは」の司会も務められました。

スポンサードリンク

この番組の司会をやられていた時は本当に有名人といった感じで、誰もが知ってる芸能人でしたよね。

沙悟浄役

『リンカーン』(TBS系)に、タレントの岸部シロー(59)が沙悟浄の格好で登場。岸部は自身のブログで「久しぶりにしたんだけど、顔が老けてるし、自分的に違和感がありました。もう肌に張りがなくて、トローンとしてるし」とまたもや自虐的に出演のことを報告し、沙悟浄姿で椅子に座る写真を公開した。

この時はハマリ役だったというファンの声も多く、自虐コメントに対しての反論が多数寄せられていますね。

借金の原因は・・・

しかし、岸部四郎さん自身は貯金が苦手だった上に、お人好しな性格から次々と連帯保証人を引き受け、これがきっかけとなり自己破産するまでに。
借金も4億2千万まで膨れ上がり、芸能活動を自粛するようになります。

自己破産の話は有名ですが、この後もバラエティ番組には出ていた気がします。

当初は、元「ザ・タイガース」の森本太郎さんが、
1997年4月に自己破産したことで、その連帯保証人になっていた岸部さんが、
毎月1200万円もの利息返済をする状態が続き、自己破産を決意したと伝えられていたのですが、
(岸部さんの当時の月収は1000万円)
後に、岸部さん自ら「文芸春秋」に寄せた手記で、借金の主な原因が「骨董品のコレクション」
だったことを明かされております。

ご自身の浪費グセも自己破産原因の大きな理由だったのですね。

兄、岸部一徳

もともと芸能界に誘ったのもお兄さんの一徳さんだったようで、今の老人ホームの入居費用も出したそうです。

今では芸能界に誘った事を後悔しているとのことで、よくお見舞いに行っている様子。
一徳さんはしっかりしていそうなイメージですし、借金もなさそうなので安心ですが。

妻の死

奥さんの小緒理さんと。

四郎さんの方は、脳内出血で倒れられた後から、闘病生活。
2007年、奥さんが43歳という若さで「心臓発作」により急死。その後に更なるご自身の体調悪化と様々な困難に見舞われてしまい、今後の体調がますます心配です。

ザ・タイガースで活躍していた頃を思い出して、ポジティブで元気な老後を送って欲しいと願っています。

スポンサードリンク