半田健人がキムタクに似てる!阿久悠が絶賛⁉実家がお金持ち?

今回は俳優の半田健人さんについてご紹介します。

キムタクに似てる?

半田健人さんといえば「仮面ライダー555」で主演を務め、史上最年少の高校生イケメンライダーとして有名になりました。

そんな半田健人さんですが、キムタクに似てる!という声が多く上がっている様子。

どうやら現在よりも仮面ライダー555当時の姿がキムタクに似てる!という声が多いようです。

気になったので画像を比較してみました!

左が半田健人さんで右がキムタク。

確かにこれは似てる‼

更に比べてみました。

こちらも左が半田健人さんで右がキムタク。

これは似すぎ!この二つの画像が一番にてるかもしれませんね…笑

こりゃ似てるわ…

遠くからみたらどっちだか分からなそうですよね笑

スポンサードリンク

現在の顔は?

そんな半田さんですが、現在もキムタクに似てるのか気になったので調べてみました。

かなり落ち着いた印象ですね。

今はそんなに似てないですね。

やはり髪型が一緒だったのが大きかったんでしょうね笑

阿久悠が絶賛⁉

そんな半田健人さんですが、なんとNHKのとある番組で作詞家の阿久悠さんから絶賛されていました。

番組の詳細はこんな感じ↓

「歌謡曲」をテーマにしたこの回では、「タモリ倶楽部」等でもマニアっぷりがお馴染みの半田健人がますだおかだに歌謡曲の味わい方を指南するという体で、それを別室(というかVTR)で阿久悠が聞き、半田健人の味わい方についてコメントするという流れで構成されている。

「まだ23歳でしょ?」というますだおかだに対して半田は「リアルタイムっていうのは油断してるんですよ!」と返し、「歌謡曲の正しい聴き方(僕流の)」をレクチャーしていく。

●歌詞カードを欠かしてはならない!
●作詞・作曲・編曲者の事前チェックは礼儀。知らないと曲に失礼!
●歌詞カードで見た上でなおかつ、ヘッドフォンで聴く。

ここで、阿久悠「ヘッドフォンはダメです。聴いたら。歌謡曲っていうのは他の人とどう共有して聴けるかっていうのが一番大きいことなんです。(ヘッドフォンは)音の天敵です」と反論。

しかし、この後の半田の鑑賞術は阿久の想像を超えるものだった。
「フルオーケストラで奏でられる歌謡曲。そのサウンドを一つ一つ分解して楽しむ」という半田。

それをひとつひとつ解説していく半田を見て阿久は「これはすごいお客ですよ。ここまで聞いてくれるんなら(作り手は)泣いて喜びますよ」と感心する。

「聴きどころは楽器の数だけある」という半田に「凄い凄い、やるな小僧っていう感じ」と驚嘆し、「これは科学者の聴き方。最初に(ヘッドフォンは)ダメだって言ったのは取り消します」とまで言わせる。

出典:littleboy.hatenablog.com/entry/20070805/p1

歌謡曲が大好きだという半田さん。

その熱意は巨匠阿久悠さんをも唸らせるほどだったようです。

確かに、ここまで熱のこもった解説をされたら作り手としてはうれしいでしょうね。

実家がお金持ち?

半田さんの実家はどうやらお金持ちのようです。

半田さんの実家は自営業を営んでいるらしく、その会社の社長を半田さんのお兄さんがしているんだとか。

そして最近そのお兄さんが亡くなってしまい、半田さんが後を継ぐのでは?という噂も流れているようです。

あくまで噂レベルの話ですので、真偽は分かりませんが、もし本当だとしたら芸能界を引退ということもあるのかもしれませんね。

そうならない事を願うばかりです。

スポンサードリンク