中村ゆりの結婚相手は?林遣都との熱愛は?実は韓国人で韓国語が話せる?

今回は女優の中村ゆりさんについてご紹介します。

中村ゆりさんといえば、「わろてんか」でお夕役を演じたりされていますね。

そんな中村ゆりさんの熱愛、結婚の噂や、韓国人?などについて調べてみましたので、ご紹介しますね。

中村ゆりは結婚してる?

調べてみたところ、中村ゆりさんは現在結婚はしていないようです。

ただ、今現在結婚に最も近い存在として名前が挙がるのが、イケメン俳優の林遣都(はやしけんと)さんです。

中村ゆりの熱愛彼氏は林遣都?

現在、中村ゆりさんは、林遣都さんと交際をしていると言われています。

二人の関係について調べてみましたので、ご紹介しますね。

二人の出会いは?

中村ゆりさんと林遣都さんは2010年に公開された映画「パレード」で共演したことが出会いのきっかけだったようです。

林遣都さんと中村ゆりさんが交際へと発展したのはその3年後だと言われています。

林遣都さんと中村ゆりさんがお互いの家を行き来したり、仲良くショッピングをする姿、そしてレストランで食事をしている姿などの目撃情報があるとスポニチが報じています。

2013年に交際に発展したということですね。

今現在は2018年ですから、もう5年間交際しているということになりますね。

そろそろ結婚が視野に入ってくる時期ではないでしょうか?

もしかしたら、近いうちに二人の結婚報告が聞ける日が来るのかもしれません( *´艸`)

こんな仲睦まじい姿も撮影されています↓

二人の関係性は?

どうやら二人の関係性は陰と陽のような関係のようです。

この場合、陰が林遣都さんで、陽が中村ゆりさんです。

というのも悪い意味ではなく、お互いを補い合うような対照的な性格だということです。

中村ゆりさんはとても明るくて、そのうえ聞き上手なんだとか。

一方林遣都さんは落ち着いた性格で、ナーバスになってしまうこともあるんだとか。

そんな時は、中村さんが明るく励ましてあげているのかもしれませんね。

中村ゆりは韓国人?

中村ゆりさんは、映画「パッチギ! LOVE&PEACE」が公開中の2007年に、在日韓国人であることをカミングアウトしています。

スポンサードリンク

中村さんの両親ですが、父親が在日韓国人2世の男性であり、母親は韓国本国から日本にやって来た女性だと言われております。

両親がどちらも韓国人の方のようですね。

現代の日本においても、在日韓国人を差別する人はいますので、在日韓国人であることを自らカミングアウトするのは相当勇気がいる行為ですね。

現に、芸能界でも在日韓国人の方は多く存在しますが、隠している人がほとんどです。

しかし、中村ゆりさんは自身が在日韓国人であることを隠すつもりがなかったと関係者は語ったそうです。

「本人はもともと隠すつもりはなく、質問されたから在日だと自然に答えただけ。彼女の所属事務所も了承しています」

なんだか本人のおおらかな性格が表れていますよね。

ただ、実際には事務所側は心穏やかではなかったようです(;´Д`)

記者が事務所にこの件について尋ねると、「国籍について話すことなど何もない!」と声を荒げられたそうです。

まあ、このあたりはデリケートな問題ですからね。

また、なぜ映画「パッチギ! LOVE&PEACE」が公開された年に在日韓国人であることをカミングアウトしたのかですが、この映画が「日本で暮らす在日韓国人」をテーマにした映画だったからだと思われます。

ちなみに、中村ゆりさんはこの映画で、主役の女性「キョンジャ」を演じています。

中村ゆりの韓国名は?

中村さんの本名は、日本名では中村友理(なかむら ゆり)、韓国名では成友理(ソン・ウリ)となっているようです。ちなみに、4歳年上のお兄さんがいるようで、兄妹仲はかなり良いことで有名だったりもします。

日本名でも韓国名でも、名前は友理さんなんですね。

中村ゆりさんの韓国名はソン・ウリ(成友理)さんというそうです。

なんだか可愛らしい名前ですね。

というか中村さんにはお兄さんがいたんですね!

中村ゆりの兄

気になったのでお兄さんについて調べてみると、どうやら中村さん本人がブログにお兄さんのことを書いていました(笑)

お兄さんは中村さんより4歳年上だそうです。

喧嘩する事が多かったようですが、お兄さんが初めてアルバイトをした時に5,000円をくれるなど、優しい一面もあったそうな(笑)

中村ゆりは韓国語を話せる?

結論から言うと、中村ゆりさんの韓国語のレベルは多少書いたり話したりできる程度のようです。

先ほど書いた映画パッチギ!の監督が韓国人の方だったそうで、中村さんはこんな発言をしています。

現場では通訳さんもいましたけど、自分でもコミュニケーションを取りたいから、元々韓国語を少し勉強していたこともあって、今日は監督にこれを言おうとメモを用意して話したりしました。

監督や韓国の役者の方も日本語を話したいから、言葉を覚えて返してくれたり、楽しいやりとりでした。

中村さんは元々韓国語を少し勉強していたんですね。

両親が韓国人ということもあって、韓国には強い興味があったのでしょうねー!

ただ、勉強しないと話せないということは、両親は家でも日本語で会話していたんでしょうかね?

スポンサードリンク