ケーシー高峰の家族や子供は?息子の名前はアミーゴ⁉医師免許がある?

今回は医学やド直球の下ネタをぶっこんだ、唯一無二の医事漫談で人気を博したケーシー高峰さんについてご紹介します。

ケーシー高峰の家族は?

ケーシー高峰の母

ケーシー高峰の母方の先祖は、実際に代々医者の家系です。

ケーシー高峰の母も生涯産婦人科として働いていただけでなく、兄弟、一族の多くが医師や歯科医となっています。

ケーシー高峰さんのお母さんはツジエさんというそうです。
それにしても、生涯現役で働き続けたお母さん、凄いですよね。

そんな医者の家系で生まれた高峰さんは、日本大学医学部に入学します。

しかし、お母さんの願いとは裏腹に、高峰さんは医師免許を取ることなく日本大学芸術学部に転部します。

つまり、ケーシー高峰さんは医師免許はもっていないということになります。

転部した理由は、教授との不仲と、ジャズなどの音楽に没頭してしまったためだとか。

この時の事を、高峰さんはこう語っています。

医学部から芸術学部に転部したことを知った母は、「おまえにやる金はない!もう帰ってくるな」と激怒。そのまま勘当されました。

母との連絡は途絶えました。

でも、後から知った話だけど、母は上京の際は、都内で歯科医をしていた姉と一緒に、こっそり舞台にきてくれていた。

心配していたんだろうね。

その後、高峰さんは芸の道に進むことになるわけですが、お母さんとの交流が復活したのはあるテレビ番組がきっかけだったといいます。

母との交流が再開したのは1970年の春。これも忘れないね。
だって十数年ぶりの会話が、テレビの生放送中だったから。

当時CX系で正午から「お昼のゴールデンショー」という生放送がありました。
そこで、突然、「電話に出ろ」と言われたの。
よくわからないまま出たら、いきなり「まーだ、ばかやってるのか」という懐かしい声がしてね。
本当に驚いた。その日は、山形でのネット(放送)が始まった日。
それを記念してスタッフがどっきりで仕掛けた企画だったんだね。

そのうち、母親も「おまえもようやく一人前になったか」と認めてくれるようになりました。
でも、売れてからもしばらくは、「医師がだめなら理学療法士は?」 「歯科衛生士もいいんじゃないか」など言っていたね。
母の気持ちはよくわかるけど、やっぱりなりたいと思う人がならないとダメだよね。

テレビ番組で家族との交流が復活するなんてすごいですよね。

どっきりをしかけたスタッフさんもナイスです(笑)

お茶の間の人気者になってようやく認めてくれたそうですが、発言を聞く限りお母さんは最後まで医師の家系を継いでほしかったのかもしれませんね。

ちなみに、医事漫談を始めたのはお母さんの影響だそうですよ。

高峰さんはこう語っています。

なぜ医事漫談を始めたかって?
一言で話せば、「医師になれなかったけれど、白衣をきて親孝行したい」という気持ちだね。

ケーシー高峰の父

父は海外出張の多い商社マンで、レコードの収集家だった。

お父さんのお名前は知ることができませんでしたが、海外出張が多い商社マンだったということで、家にいる時間は少なかったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ケーシー高峰さんはお父さんの影響で、ラテンやジャズのレコードをたくさん聞いていたそうです。

息子の名前はアミーゴ?

そんなケーシー高峰さんですが、なんと息子さんの名前に「アミーゴ」とつけてしまったそうなんです!

漫談家のケーシー高峰(83)が2日深夜テレビ東京系「チマタの噺」(火曜・深夜0時12分)に出演し自身の息子の名前に「アミーゴ」と付けたことを明かした

 MCの笑福亭鶴瓶(65)から子供に芸人として継がせる気はなかったのかと聞かれ、なかったと答えたケーシー。
息子は「学校でいじめられたみたいね」と振り返り理由として「上の子に普段、しゃべっている名前をつけちゃったからね。アミーゴって。ケーシーの子供だろって散々、いびられたみたい」と自身のギャグをそのまま息子の名前にしたことを告白した。

 鶴瓶から「あきまへんで」と言われ、「アミーゴ」の漢字を聞かれると「愛美吾」と答え「キラキラネームやん」と鶴瓶から突っ込まれていた。

この話、本当なんでしょうかね?にわかには信じがたい話です。

本当だとしたら中々ぶっとんでますよね( *´艸`)(笑)

息子さんは現在何歳なのでしょうか?
恐らく40代~60代かと思われますが、その年代だとかなり珍しい名前だということは間違いないでしょうね(笑)

自宅は?

ケーシー高峰さんの自宅は福島県いわき市にあります。

いわき市は東日本大震災で大きな被害を被った地域ですが、震災当時、高峰さんは地元いわき市で炊き出しを行っていたようです。

最上町出身で「医学漫談」で知られる漫談家ケーシー高峰さん(77)が福島県いわき市の自宅にとどまり、近くの避難所で炊き出しを行っている。避難者の声にじっくり耳を傾けては時折ジョークを飛ばして心をほぐすことも。

山形新聞の取材に対し30日、「23年住み続けている土地の人たちに恩返しをしたい。こんな時だからこそ笑いも大事」と話した。

とっても素敵なエピソードですよね。
高峰さんの温かい人柄が伝わってきます。

そんな高峰さんですが、これからもずっといわきに住み続けたいと語っています。

ケーシー高峰の現在

ケーシー高峰さんは現在83歳。

ご高齢にもかかわらず、今でも笑点などで漫談を披露されています。

最も最近の映像がこちらですね。

こちらの映像、「高齢のケーシー高峰さんにこんな仕事をさせるってどうなの?」とプチ炎上している様子。

確かにこれは大変そうです;

スポンサードリンク